ソト事例

Example

ストリート|道路空間

速報!歩行者利便増進道路1号指定|大阪・御堂筋/神戸・三宮中央通り/姫路・大手前通り

2020年に道路法改正により,歩行者利便増進道路制度(通称:ほこみち)が創設されました.

2020.2.4閣議決定
【速報考察】道路法改正により歩行者中心の道路空間:「歩行者利便増進道路」創設へ
2020.5.27公布
2020.11.27道路法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令が閣議決定

また,2020年12月16日には,「ほこみち活用全国会議」歩行者利便増進道路説明会が開催され,制度の創設と普及活動がなされていたところです.

歩行者利便増進道路1号指定|大阪・御堂筋/神戸・三宮中央通り/姫路・大手前通り

2021年2月12日に,歩行者利便増進道路1号指定として,大阪・御堂筋/神戸・三宮中央通り/姫路・大手前通りの3箇所が国土交通省により発表されました.


2021.02.12ほこみちプロジェクト本格始動!
~全国初の歩行者利便増進道路(ほこみち)が指定されました~

ほこみちプロジェクト本格始動!
~全国初の歩行者利便増進道路(ほこみち)が指定されました~

令和3年2月12日

賑わいのある道路空間創出のため、全国で初めて、御堂筋(大阪市)、三宮中央通り(神戸市)及び大手前通り(姫路市)が歩行者利便増進道路(通称:ほこみち)に指定されました。ほこみちで、道路からまちを変えていきます。

○ 国土交通省では、道路法の一部を改正する法律(令和2年5月27日公布、11月25日施行)により、賑わいのある道路空間創出のための道路の指定制度として、歩行者利便増進道路(通称:ほこみち)制度を創設しました。

○ 今般、大阪市の御堂筋、神戸市の三宮中央通り及び姫路市大手前通りが、全国で初めて「ほこみち」として、それぞれの道路管理者において指定されました。ほこみちに指定された各道路では、賑わい創出、地域活性化に資する、道路の魅力的な活用を実施していきます。

<ほこみち指定箇所>

路線名:国道25 号(御堂筋)
場所:大阪市中央区淀屋橋交差点~難波西口交差点

路線名:神戸市道三宮中央通り線
場所:神戸市中央区三宮町1 丁目3 番9 地先~3 丁目1 番18 地先

路線名:姫路市道幹第1 号線(大手前通り)
場所:姫路市西駅前町1 番1 地先~本町68 番地先

ほこみち事例_アートボード 1出典:国土交通省資料 【記者発表】ほこみちプロジェクト始動!210205v1 (1)_ページ_2出典:国土交通省資料

歩行者利便増進道路指定とは?

歩行者利便増進道路の制度の中身については既報に譲りますが,今回の発表は,まずは第一関門である,「歩行者利便増進道路を指定」を全国初,第1号指定となったことになります.

以下の資料のように,次のフェーズとしては,特例区域(利便増進誘導区域)の指定や公募占用指針の策定,公募,歩行者利便増進計画(事業者等が作成)の認定などのフェーズがあります.

hokomiti-02国土交通省資料に筆者加筆

なぜ関西の3都市なのか?

今回指定をされたのは,大阪市,神戸市,姫路市といずれも関西圏.これはなぜなのか?という疑問がある人もいるかもしれません.

制度自体は,2020年2月に閣議決定,同年11月に法制度が施行されましたが,国土交通省道路局はほこみちよろず窓口を設けており,各自治体から相談が行っていたことは想像に容易いです.

いずれも関西圏であったことはたまたまかと思いますが,以下のように,3市共通していえることは,社会実験やコロナ占用特例など,実践が伴っていることがわかります.

他のパブリックスペース活用の特例制度も自治体側でいきなり指定することは難しく,ある程度の実績や政策的な位置付けが必要であると考えます.3市は実践を積み重ねており,単発で終わるのではなく,その後の展望があったことが今回の歩行者利利便増進道路の指定をいち早く指定できた要因だと推察します.

ちなみに,神戸市のみ特例区域(利便増進誘導区域)の指定も併せて行っています.

大阪市・御堂筋

大阪市リリース

大阪市では、平成31年3月に策定した「御堂筋将来ビジョン」に基づき、御堂筋を車中心から人中心の道路へと空間再編に取り組んでおり、側道歩行者空間化により創出した空間での公民連携によるにぎわい創出を進めています。

 このたび、公民連携によるにぎわい創出を促進するため、道路法(昭和27年法律第180号)第48条の20第1項の規定に基づき、御堂筋を歩行者利便増進道路に指定しましたので、同条第5項の規定により下記のとおり公示します。

 このことにより、歩道内の滞留空間を「歩行者の利便増進を図る空間」として定めることができることとなり、歩行者の安全かつ円滑な通行及び利便を増進し、新たなにぎわい創出を図っていきます。

実践(社会実験)御堂筋チャレンジ2020

神戸市・三宮中央通り

神戸市リリース

実践:コロナ道路占用特例
KOBEパークレット

姫路市・大手前通り

姫路市リリース

実践:大手前通り活用チャレンジ2020「ミチミチ」

次のステップ:特例区域(利便増進誘導区域)の指定や公募占用指針の策定へ

まだまだ今回は第一関門です.

特例区域の指定や公募占用指針の策定など,次のステップが待っています.

筆者の私も姫路市の「歩行者利便増進道路指定等に向けた庁内検討会」アドバイザーを仰せつかっており,姫路市さんと議論を始めているところです.

「未知なる道」の制度ですが,最大20年間の道路占用許可や道路整備時の滞留空間の道路構造令の位置付けなど,可能性と楽しみな制度ですので,どんどん事例をつくっていくとともに,全国への普及活動もしていきたいと思います.

Twitter

Facebook

note

8+