ニュース

News

ニュース

7/24まで:パブリックスペース管理運営者の新型コロナウイルス感染症による対応変化に関するアンケート調査

2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)が世界中で起こりました.

日本では,感染者数が減少し,引き続き,第二波の感染増加の警戒はしつつも,緊急事態宣言解除により,フェーズが変わりつつあります.

2020年6月に,パブリックスペース活用学研究会とソトノバの共同調査にて,市民の屋外空間の利用の変化についてのアンケートを実施しています.

そこで,第二弾として,パブリックスペースの管理運営者に対して,新型コロナウイルス感染症による対応変化に関するアンケートを実施することといたしました.

ぜひご協力をお願いいたします.回答者の方にはレポート結果をお送りいたします.


パブリックスペース管理運営者の新型コロナウイルス感染症による対応変化に関するアンケート調査

調査の目的:

本アンケートは、パブリックスペース管理運営者の新型コロナウイルス感染症による対応変化に関する調査を行います。
パブリックスペース管理運営者を対象に,新型コロナウイルス感染症によるパブリックスペースの管理および運営の対応変化などを把握することを目的としています。

調査期間:

2020年6月26日(金)から7月24日(金)まで

調査対象:

・パブリックスペースの管理者(行政:道路管理者・交通管理者・公園管理者・河川管理者など)
・パブリックスペースの運営者(指定管理者・エリアマネジメント団体・都市再生推進法人・道路協力団体・そのほか施設運営者など)

調査主体:

主催:パブリックスペース活用学研究会 コロナWG
協力:一般社団法人ソトノバ

調査概要:

調査概要は下記のとおりです。
回答頂いた内容については、研究論文やレポート等の形で発表することも想定していますが、個人が特定される形での情報の提供は行いません。
アンケート回答者には,結果のレポートをお送りします。

質問は全部で42問で、選択式と自由記述式があります。
また、アンケートの最後にある「送信」ボタンを押さなければ回答内容は保存されません。
ご協力よろしくお願い致します。

※スマートフォンから回答していただく方へ
回答の選択肢数によっては、いくつかの選択肢が見えない状態になります。
その際はスクロールをして見ていただくようお願いいたします。

パブリックスペースの定義

本アンケート調査におけるパブリックスペースの定義は,いわゆる所有・管理が行政が担う公有地のほか,パブリック的な使い方をされている民有地も含みます.具体的な例示は,以下の図をご覧ください.

パブリックスペースのイメージ(作成:パブリックスペース活用学研究会)

アンケート入力フォーム

アンケート入力フォームはこちらです.
エクセルフォーマットをご希望の場合は後日公開予定.

Twitter

Facebook

note

0