イベント2017年11月21日

【12/7】「竹芝2020夢をカタチにする」東京湾岸トークin竹芝 夢になるといけねえNight vol.2開催!

東京ステップアッププロジェクトに認定されている、竹芝。 再開発やエリアマネジメントの検討とともに、このエリアの将来がどうなっていくのか、気になるところです。 東京湾岸トークということで、竹芝のこれからを考えるトークがありますよ! ソトノバ編集長の泉山も登壇します。 竹芝のソトも今後どうなっていくか、

アワード2017年11月21日

アワード受賞者が語るソトの場とは? ソトノバ・アワード表彰式|ソトノバTABLE#23 ソトノバ2周年記念パーティ!レポート(その1)

今年の11月でソトノバは2周年を迎えました! ウェブメディアから始まったソトノバですが、今年は自らリサーチ・アクションを行う実践チームとして「ソトノバ・ラボ 」の活動をはじめたり、日本初のソト空間全般を対象とした表彰プロジェクト「ソトノバ・アワード」を創設するなど、1年目よりもさらにパワーアップ。

イベント2017年11月20日

【11/30】「これからのエリアマネジメントに必要な人材とは?」エリアマネジメント人材開発セッション第1弾

エリアマネジメント。ソトを居場所にしていくためにも重要な概念、手法です。 そんなエリアマネジメントの人材育成を考えるセッションが開催されます。 ソトノバ編集長の泉山も登壇予定です。 ぜひご関心の方は、ご参加ください。

TACTICAL URBANISMとPLACEMAKING2017年11月20日

プレイスメイキングを説き直そう!居場所をつくるために大切なスタンスとは【ソトノバTABLE#21レポート】

ソトノバがお送りする、その道の専門家を招き、リアルな場でソトやパブリックスペースについて語る座談会「ソトノバTABLE」。21回目を迎えたソトノバTABLEのテーマは、ソトの居場所づくりには欠かせない「プレイスメイキング」です! 「プレイスメイキング」とは、1960年代にアメリカで提唱された、あらゆ

アワード2017年11月10日

「ソトを居場所に、イイバショに!」ソトノバ・アワード二次審査会レポート【ソトノバTABLE#22】

「ソトを居場所に、イイバショに!」──そんなパブリックスペースの未来を目指し、注目すべき先駆的事例を顕彰する「ソトノバ・アワード」。10月14日、その二次審査会を東京・八重洲のコワーキングスペース&イベントスペース「DIAGONAL RUN TOKYO」を会場に開催しました。 公開の審査会と、ゲスト

アワード2017年11月8日

ソトノバ・アワード2017審査結果発表! 4賞5つのソト事例が受賞

パブリックスペース特化型ウェブマガジン・ソトノバが主催するアワード、「ソトノバ・アワード2017」。第1回の開催となった今回は、全9つのソトの場(事例)の応募がありました。 そして、一般WEB投票、一次審査会、公開二次審査会を経て、下記の4賞5事例がソトノバ・アワード2017の受賞となりました。おめ

ストリート|道路空間2017年11月6日

道路予定区域の開放でまちはどう変わるのか?都市計画道路・暫定地活用社会実験「おおみやストリートテラス」#レポート

道路や空地の活用が増えてゆく一方で、道路事業のために行政が買い取ったままの空地「道路予定区域」があります。その多くは、事業上の都合から、すべての土地を買い取るまで数年間、時には数十年も、使われることなく空地のまま。 今回ご紹介する「おおみやストリートテラス」は、そのような未利用の道路予定区域を大胆に

ソトノバTABLE2017年11月4日

【11/30】「まち保育」からみる子育てとソトの関係 | ソトノバ TABLE #24

ソトノバがお送りするリアルな場でのソトやパブリックスペースを楽しく語る座談会、「ソトノバTABLE」。 第24回となる11月のソトノバTABLEのテーマは、「まち保育」。 まち全体、ソトを活用した子ども環境づくりを中心としたトークを繰り広げます! かつて子ども達は道や空地、公園を使って自由に遊んでい

パーク|公園2017年11月2日

公園は賑わいの核になる?「おしゃピク」から始める松山の「公園まちづくり」

最近、よく耳にする「おしゃピク」。 「おしゃれピクニック」の略で、インスタグラムには色鮮やかなドリンクやフード、趣向を凝らした飾りつけをしてピクニックを楽しむ姿がアップされています。 ソトの楽しみ方として、ポピュラーなピクニックに注目が集まるなか、愛媛県松山市では、公園まちづくりの一環としてピクニッ

レポート2017年11月1日

学生たちのソトのアイデア大集合!「学生と地域との連携によるシャレットワークショップ in 松江2017」レポート

近年、地方都市では、人口減少等を要因に中心市街地の活力の衰退が問題となっておりますが、実際にどのような対策を講じていけば良いのでしょうか?そんな中、注目されているのがシャレットワークショップです。(以下、「シャレットWS」)です。 シャレットWSとは、日本建築学会の関連プログラムとしてNPO法人まち

ストリート|道路空間2017年10月31日

ストリートウィーク特別企画! これからの日本のストリートの未来をつくろう! 【ソトノバTABLE#20 レポート後編】

9月23日に開催した、ソトノバTABLE#20レポートの後編です(前編はこちら)。セッション2では活用事例から考える日本のストリートのこれからというテーマで4人のゲストの方々に事例を紹介していただきました。 セッション3ではゲストの方々とオーディエンスみんなでワークショップを実施し、これから先のスト

レポート2017年10月30日

ゲール事務所 デイビッド・シムと6人のプレイスメーカーが見据える日本のパブリックスペースの未来

2017年10月、ゲールアーキテクツのパートナーでありクリエイティブディレクターを務めるデイビット・シムさんが来日。ディビッドさんをメインスピーカーとして迎え、10月10日には芝浦工業大学豊洲キャンパスで、日本の豊かなパブリックスペースづくりを考える国際シンポジウムが開催されました。 ディビッドさん

イベント2017年10月29日

【11/11】1年を振り返りこれからのソトを語ろう!「ソトノバ2周年記念パーティ!!ソトノバTABLE#23」開催!

2015年11月1日に正式スタートしたソトノバ。早くも2周年を迎えようとしています! 2年目を迎えたソトノバは、メディアによる情報発信はもちろんのこと、そこで得た知見を活かし、自らリサーチ・アクションを行う「ソトノバ・ラボ」や日本初のソト空間全般を対象とした表彰プロジェクト「ソトノバ・アワード」など

イベント2017年10月20日

【10/23−29】「発見しよう。Kanda for People」神田警察通り賑わい社会実験2017

昨年度から実施されている、神田警察通り(東京都千代田区)の社会実験。ソトノバでもいくつかの記事で、紹介して来ました。 まちごと公募型社会実験にチャレンジ! 「神田警察通り賑わい社会実験 2017」アイデア講評会レポート 神田とパブリックスペース・アクティビティの未来を共に語ろう!神田警察通り賑わい社

ストリート|道路空間2017年10月19日

ストリートウィーク特別企画! これからの日本のストリートの未来をつくろう! 【ソトノバTABLE#20 レポート前編】

ウェブメディアであるソトノバが企画するリアルイベント「ソトノバTABLE」。毎回、ソトに関するテーマを掲げ、その道の研究者や実践者をゲストに招いてお話を伺います。記念すべき20回目の今回はストリートウィーク特別企画として開催しました。 ソトノバTABLE史上最多である6人のスピーカーを迎え、大いに記

アワード2017年10月12日

「ソトノバ・アワード公開二次審査会&ソトノバ・アワードトーク!」ソトノバTABLE#22

8月より、募集を開始した、ソトノバ・アワード2017。 全国から9点の応募がありました。 いよいよ、9月の一次審査(非公開)を終え、公開二次審査会の開催です。 ソトノバTABLE22回目として、ソトノバ・アワードトークも行います! どんな結果、議論になるのか、第1回目のソトノバ・アワードの大賞はどの