ソトノバTABLE2017年2月23日

無音ディスコに路上ラグビー! 初のアクティビティ系企画で開催したソトノバTABLE#12レポート

毎回、ソトに関するさまざまなゲストを迎えてお届けしているソトノバTABLE。これまではどちらかというと、都市計画や建築分野寄り、研究色強めの人選が目立っていました。そこで今回、12回目にして初めてアクティビティ系のテーマでお送りしました。題して、「パブリックスペースを舞台に生まれる新たな体験! 〜ソ

イベント2017年2月22日

【3/8】新たな出会いと展開を生む小さな空き地?「貸はらっぱ音地」から、まちづくり拠点のあり方を探る【ソトノバLOCAL@みなまきラボ#3】

新たにアクションを始める地域に訪問・密着し、ソトを楽しく豊かに使いこなすためのアイディア発信をしていくプロジェクト「ソトノバLOCAL」

ストリート|道路空間2017年2月22日

イヤホンは外して、まちにあふれる音楽を聞こう! ~オーストラリア・メルボルン、音楽があふれるまちのつくりかた~

まちを歩いていてふと耳に入ってきた旋律。驚くほどいまの自分の気持ちにぴったりくる歌詞を歌うストリートミュージシャン。まちにある、ソトの音楽。なんだかわくわくしませんか。 昨年7月に交換留学生としてオーストラリアのメルボルンに来てから、そのような「ソトの音楽」は私にとって、とても身近になりました。まち

プラザ|広場2017年2月21日

雪まつりだけじゃない!?ビルの谷間で雪と光のインスタレーション「SAPPORO YUKI TERRACE 2017」#レポート

皆さんは「札幌」というワードから何を思い浮かべますでしょうか? おそらく「ゆきまつり」と答える人が多いと思いますが、今回は、ゆきまつりの関連イベントで雪と光をモチーフに冬の魅力を伝えるアート作品を展示するイベント「SAPPORO YUKITERRACE 2017」(サッポロユキテラス2017)を公共

オープンスペース|空地2017年2月20日

Commune246の最後の日。ー表参道のスキマが愛されたワケを探るー

東京都の青山にある表参道駅から徒歩3分、大きなビルに囲まれた長細い空地に屋台が現れました。そこを進むと、さらに10台の個性あふれる可愛らしい屋台と、白いドームの中には20代から40代の国籍を問わない50名ほどの男女が、お酒を片手に語り合うキラキラとした空間がありました。 そんな風景を見たのは、201

レポート2017年1月26日

デンマーク発、ホームレスと社会を結ぶ緑のパブリックスペース

今回は、前回記事(ホームレスの街をより良くするアイデア! 日本人建築学生が3週間のデンマーク滞在で学んだこと)で触れたホームレスの街「スンホルム」にある憩いの場、シティガーデンを紹介します。

ストリート|道路空間2017年1月24日

知っておきたいこれからのアーケード ~高松中央商店街をソト視点で歩く~

香川県高松市の中心市街地。 ここに日本一と呼ばれるアーケード・高松中央商店街はあります。市民の生活拠点でありながら、旅行ガイドブックにも載る一大名所でもあります。 途中3本の幹線道路を挟み続くアーケードの総延長は2.7㎞と日本最長のアーケードとしてだけでなく、最北端にある高松中央商店街のシンボルでも

オープンスペース|空地2017年1月23日

ひとりひとりの得意を活かす!「くらすクラス」のつくり方

東京都稲城市にあるJR南武線の稲城長沼駅、その高架下を拠点として、地域の学び場「くらすクラス」が2016年4月にオープンしました。その取り組み内容については、2016年11月に開催したソトノバLOCAL#2でもレポートしています。 運営者は、稲城に暮らす地域の人々によって設立された一般社団法人いなぎ

イベント2017年1月20日

【3/4】最新のパブリックスペースの事例や研究発表が出揃うよ!「パブリックスペース論文・プロジェクト発表会2017」ソトノバTABLE#13

「ソトを居場所に、イイバショに!」をテーマにした、 パブリックスペース特化型ウェブマガジン。ソトノバ|sotonoba.place。 そんなソトノバがお送りするリアルな場でのソトやパブリックスペースを楽しく語る座談会、「ソトノバTABLE」。 13回目は、1年前も実施した、「パブリックスペース論文・

イベント2017年1月20日

【2/14】「パブリックスペースを舞台に生まれる新たな体験! 〜ソトを使った新アクティビティ〜」ソトノバTABLE#12

人々の自由な発想で、ソトの可能性は広がりつづける パブリックスペースに関する規制緩和や制度新設などの流れ、そして人々の自由で豊かな発想によって、ソト使いの可能性は広がりつづけています。 アクションを起こすプレーヤーが現れ、それを目撃した人々の心も刺激される。そんな相乗効果が生まれているように思います

リバー・ウォーターフロント|水辺2017年1月17日

水辺は新たな広告メディアになりうるか?─ミズベリングテーマ会議#06「水辺広告の未来」 #レポート

水辺のまちづくりや公共空間としての水辺活用を様々な視点から考えるため、毎回タイムリーなテーマを軸にその分野のスペシャリストをゲストに迎える「ミズベリングテーマ会議」。ソトノバでも過去にもレポートしています。2回、3回 6回目となる今回のテーマは「広告」。街がクリスマス一色となった12月20日に大手町

ソトノバニュース2017年1月16日

2016年10月・月間記事トップ10のソトノバ記事は? ─2016年のソトノバが紹介したパブリックスペースを振り返ろう!─

ソトノバが2016年に200記事以上を更新した中で、ソトノバの記事を振り返る月間トップ10企画。 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月に続いて、2016年10月のソトノバトップ10記事。 さあ、見てみましょう!

オープンスペース|空地2017年1月10日

広がるソトでのシネマ体験、品川シーズンテラスにプレイヤーが大集結! 「Open Theater Summit vol.1」

「ここ数年、河川敷や芝生の公園、野球場など、屋外での映画上映イベントが増えているような気がする……」。もしこう思っている方がいたら、それは正解です。 映画館以外の場所での映画上映、通称「ポップアップシアター」。実は専門の映画館が普及する以前は、一般的な上映スタイルでした。そして最近では、その中でも屋

ソトノバニュース2017年1月1日

ソトノバからの元旦挨拶。2017年に向けたソトノバからのメッセージ

2017年、明けましておめでとうございます。 今年もソトノバをどうぞよろしくお願いいたします。 元旦メッセージとして、ソトノバメンバー及びソトノバ・ラボの研究院のメンバーの皆さんから、元旦挨拶メッセージを募りましたので、ぜひご覧下さい。 2017年もソトノバをどうぞよろしくお願いいたします。

ソトノバニュース2016年12月31日

2016年9月・月間記事トップ10のソトノバ記事は? ─2016年のソトノバが紹介したパブリックスペースを振り返ろう!─

ソトノバが2016年に200記事以上を更新した中で、年末にソトノバの記事を振り返る月間トップ10企画。 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月に続いて、2016年9月のソトノバトップ10記事。 さあ、見てみましょう!

ソトノバニュース2016年12月30日

2016年8月・月間記事トップ10のソトノバ記事は? ─2016年のソトノバが紹介したパブリックスペースを振り返ろう!─

ソトノバが2016年に200記事以上を更新した中で、年末にソトノバの記事を振り返る月間トップ10企画。 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月に続いて、2016年8月のソトノバトップ10記事。 さあ、見てみましょう!