イベント

Events

イベント

6/18:新刊『タクティカル・アーバニズム』刊行記念|泉山塁威×田村康一郎×矢野拓洋×西田司×山崎嵩拓トークイベント

タクティカル・アーバニズム・ジャパンと一般社団法人ソトノバが主催したTactical Urbanism Japan 2019の登壇者が中心となって執筆した日本初のタクティカル・アーバニズム本『タクティカル・アーバニズム: 小さなアクションから都市を大きく変える』。

本書の刊行を記念して、編著者によるオンラインでのトークイベントが開催されます。

金曜日の夜、ぜひご覧ください。


『タクティカル・アーバニズム:小さなアクションから都市を大きく変える』の刊行を記念して、編著者の泉山塁威さん、田村康一郎さん、矢野拓洋さん、西田司さん、山崎嵩拓さんをお迎えし、トークイベントを開催します。

個人が都市を変えるアクションを起こすとき、何から始めればよいのか。
都市にインパクトを与え変化が定着するには何が必要なのか。
新刊『タクティカル・アーバニズム』は、小さなアクションが拡散し、制度を変え、手法として普及し、社会に定着するアプローチを、アメリカと日本の研究者、事業者、国土交通省の政策担当者など総勢28名が多角的に考察しています。

トークでは、本書の読みどころ、そもそもタクティカル・アーバニズムとは何か、さらに、タクティカル・アーバニズムの提唱者で本書の著者でもあるマイク・ライドンさん、アンソニー・ガルシアさん来日時のプレゼン映像(2019年)なども交え、with/afterコロナの時代にこそ求められる都市のタクティカルな変化について、世界的な動きと日本の特徴などについて、5人が語り合います。

概要

日時2021年6月18日(金)19:30~21:00
会場二子玉川蔦屋家電よりオンライン(zoom)配信
参加費1)イベント参加券1,000円
2)書籍『タクティカル・アーバニズム』(2,970円)+送料(500円)セット
主催二子玉川 蔦屋家電

出演

泉山 塁威

日本大学理工学部建築学科助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長/PlacemakingX日本リーダーなど。1984年生まれ。明治大学大学院博士課程修了。博士(工学)。2020年より現職。著書に『タクティカル・アーバニズム』(共編著)など。

田村 康一郎

株式会社クオル・チーフディレクター/一般社団法人ソトノバ共同代表理事。1985年生まれ。東京大学工学部卒業。同大学院新領域創成科学研究科修士課程修了。海外都市・交通計画コンサルタントを経て、プラットインスティテュート都市計画・環境大学院プレイスメイキング専攻修士課程修了。2020年より現職。著書に『タクティカル・アーバニズム』(共編著)。

矢野 拓洋

東京都立大学大学院都市政策科学域博士後期課程/一般社団法人ソトノバ・パートナー/一般社団法人IFAS共同代表/JAS実行委員会代表/シティラボ東京コミュニケータ。1988年生まれ。バース大学大学院建築・土木工学部建築工学修士課程修了。2017年より現職。専門は参加型まちづくり。著書に『タクティカル・アーバニズム』(共編著)。

西田 司

株式会社オンデザインパートナーズ代表/東京理科大学准教授/明治大学特別招聘教授/ソトノバ・パートナー。1976年生まれ。横浜国立大学建築学科卒業。2004年オンデザイン設立。2019年より現職。著書に『タクティカル・アーバニズム』(共編著)など。

山崎 嵩拓

神戸芸術工科大学芸術工学部環境デザイン学科助教/一般社団法人ソトノバ・パートナー。1991年生まれ。北海道大学大学院博士課程修了。博士(工学)。トリノ工科大学客員研究員、東京大学特任助教等を経て、2021年より現職。専門は都市ランドスケープ計画論、都市における人と自然の関わりあい。著書に『タクティカル・アーバニズム』(共編著)。

お申込み

詳細はこちら(蔦屋家電HP)


Cover Photo by Ivan Aleksic on Unsplash

Twitter

Facebook

note

6+