イベント

Events

イベント

2/4:「旧赤星鉄馬邸の庭園活用社会実験」を開催!

武蔵野市では、アントニン・レーモンド設計の旧赤星鉄馬邸と、緑豊かな庭との一体的な利活用により、この環境を将来につないでいくための検討を行っています。

武蔵野市は、2023年1月〜7月に利活用に関する市民ワークショップ、2023年8月にオープンハウスを開催しました。これらの意見を基に、具体的な社会実験の内容を企画・運営する市民スタッフによる「ニワボシプロジェクト」が始動しました。

2024年2月4日に実施する社会実験は、旧赤星鉄馬邸と庭園を活用し、どのような場として活用できるかを様々なコンテンツを企画し、実験的な取組を行います。

武蔵野市内にお住まいの方、旧赤星鉄馬邸に興味のある方、オープンスペースの活用に興味のある方、たくさんのご来場をお待ちしています!

なお、ソトノバは、当プロジェクトに社会実験の運営協力として参画しています。

旧赤星鉄馬邸の庭園活用社会実験 実施概要

開催日:2024年2月4日(日)
※荒天中止、小雨実施
※2月4日(日曜日)が中止の場合は、2月10日(土曜日)に実施
開催時間:10:00-16:00 入場自由
対象:どなたでも参加可能 ※一部事前申込が必要です
開催場所:武蔵野市吉祥寺本町4-26-21(旧赤星鉄馬邸)
※一部の建物内・庭園にて見学可能です。
※建物見学希望の場合は、室内履き・靴袋を持参ください。
内容:〇音楽/語り
・渡辺哲(俳優)の朗読、語り
・武蔵野交響楽団 金管八重奏
・歌曲:浜坂京子、ピアノ:大塚純子
・歌:ゆいこ、チェロ:オクムラ
〇学び
・旧赤星鉄馬邸七不思議ツアー「建築たんてい団」
・暮らしのテーブル茶道ワークショップ
・みどりを介したコミュニティデザイン:清水忠男氏(千葉大学名誉教授)
・流浪の建築家 A.レーモンドの魅力 その豊穣なる人生:土屋重文氏(レーモンド設計事務所顧問)
・企画展:DOCOMOMO Japan 選定建築物を通じて考えるその価値と未来
〇スポーツ・子ども
・グランドゴルフ
・旧赤星邸オリジナルカルタとお庭で宝探し(小学生以下対象)
〇フード
・しぜんでつながるキッチン道草Hutte
・シフク食堂
・Konig/ケーニッヒ

※詳細は、市のHPをご覧ください。詳細はこちら
公式SNS:Instagram:https://www.instagram.com/kyuakaboshitei
問合せ先:武蔵野市 総合政策部 資産活用課(平日8:30~17:00)
メール:SEC-SHISANKATSUYOU@city.musashino.lg.jp

旧赤星邸とは

旧赤星鉄馬邸は、明治生まれの実業家である赤星鉄馬の自邸であり、建築家アントニン・レーモンドによる設計で、1934年竣工の鉄筋コンクリート造地階付き2階建ての大規模住宅です。

1956年からはカトリック・ナミュール・ノートルダム修道女会が所有し、長らく修道施設として使われていましたが、近年ではシスターのなり手が減ったため閉鎖することとなり、2021年2月に建物の寄贈を受け、市の所有となりました。

2022年には、国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。

社会実験開催リーフレット


Twitter

Facebook

note

6+