「うめきた2期区域内用地の暫定的な利活用に関するアイデア募集」

大阪駅前、うめきた2期街区で民間事業者の暫定地利活用のアイデア募集をしているようです。
締め切りは、1/25までです。

詳細はこちら
http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000336895.html

syashin

うめきた2期区域まちづくりの方針より

うめきた2期区域まちづくりの方針より

うめきた2期区域まちづくりの方針より

うめきた2期区域まちづくりの方針より

うめきた2期のまちづくりについては、平成27年3月に策定された「うめきた2期区域まちづくりの方針」をもとに、平成28年度以降早期に民間事業者募集を実施して民間提案により事業を進めることとしており、既に更地化されている2期区域においては、民間開発に先立ち、今年度から順次基盤整備の工事に着手いたします。

また民間事業者募集の実施に向けて、「まちづくりの方針」に基づく質の高いまちづくりを実現するため、今後うめきた2期に関する情報発信やプロモーションが求められています。

このため、まちづくりの早期実現に向け着実な工事進捗に努める一方、2期区域が大阪駅やグランフロント大阪に隣接し、工事期間中も常に来訪者の関心を集めることなどから、うめきた2期まちづくりのプロモーション、周辺エリアの賑わい創出及び防災性の向上等が図られるよう、民間開発が本格化するまでの当面の間、区域内用地の暫定的な利活用を図ります。

今後、当該区域の暫定利用を実施する事業者の公募を行う予定ですが、それに先立ち、うめきた2期にふさわしい暫定利用に関するアイデア(企画提案)の募集を平成27年12月24日から平成28年1月25日の間で実施します。

アイデア募集の概要

※詳細については、募集要項でご確認ください。

1.目的

うめきた2期区域暫定利用検討委員会(以下「検討委員会」という。)では、うめきた2期区域が大阪駅やグランフロント大阪に隣接する都心部の貴重なオープンスペースであり、工事期間中も常に来訪者の関心を集めることなどから、当該区域内用地の有効利用を検討しています。

今回、当該用地を活用してうめきた地区周辺エリアの賑わいの創出、活性化等が図られる事業を実施する暫定利用事業者募集の参考とするため、当該区域内用地の一時的な有効利用(以下「暫定利用」という。)について、広くアイデアを募集します。

2.アイデア募集の対象

アイデアの具体化が可能な組織やグループ等で企業や個人等の所属は問わない。ただし、以下の団体等は対象外とする。

代表者が18歳未満の団体
暴力団員又は暴力団密接関係者が関与する団体
宗教活動や政治活動を目的とした団体

3.アイデア募集の内容

「うめきた2期区域まちづくりの方針」及び「うめきた2期区域暫定利用の基本方針」に掲げるうめきた2期まちづくりのプロモーション、うめきた地区周辺エリアの賑わい創出及び防災性の向上等に資する事業内容で、添付の募集要項に記載の前提条件等を踏まえた団体・グループが主体となって実施するもの。
自社商品やサービスの提供など営利のみを目的としたもの、特定の団体等に限定された利用の目的としたもの、政治的又は宗教的なもの、法令・公序良俗等に違反又はそのおそれのある暫定利用事業は対象外とする。
提案する事業内容は、対象期間の内、一定期間又は対象区域の内、一部エリアによる利活用でも構わない。

4.アイデア企画書の提出方法等

アイデア応募期間 平成27年12月24日(木曜日)から平成28年1月25日(月曜日)まで
提出先及び提出方法
〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 17階

うめきた2期区域暫定利用検討委員会 事務局 独立行政法人都市再生機構

電話:06-6292-5267

上記期日までに、別紙「うめきた2期区域暫定利用企画提案書」に必要事項を記載の上、書留郵便により送付(必着)ください。持参、ファックス又はメール等によるものは不可とします。

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。