【BOOK】ニューヨークのストリートを変えた人!元ニューヨーク市職員のジャネット・サディック・カーン氏の「STREET FIGHT」が出版されます。

近年、ニューヨーク市のストリート空間の変革は、大きなムーブメントを起こしています。
タイムズスクエアの自動車で埋め尽くされたストリート空間を、パラソル・椅子を置いて座ったり、ヨガを行ったりする自由空間へと変革させました。その立役者、ジャネット・サディック・カーン氏の著書「STREET FIGHT」の出版についてお知らせします。

以前ご紹介している、ヤン・ゲールさんも関わった人の1人とされていますが、マイケル・ブルームバーグ ニューヨーク市長のもと、PLANYCの政策プランにより、パブリックスペースを政策的主軸の1つに位置付け、ニューヨーク市交通局(NYCDOT)が、サスティナブルストリート:Sustainable Streets」という戦略プランを策定し、plaza program(プラザプログラム:広場プロジェクトを公募し、社会実験から事業化までする政策)やストリートデザインマニュアル(STREET DESIGN MANUAL)、タイムズスクエアなどを手がけました。

Janette-Sadik-Khan-1

今回、「STREET FIGHT」の著者のジャネット・サディック・カーン氏は、ニューヨークの交通委員として、ブルームバーグ市長下で、ストリート政策を牽引した人物です。彼女が手がけたプロジェクトは、ポートフォリオサイトに紹介されています。

ジャネット・サディック・カーン氏は、交通部局にいたため、ストリートを活用するだけでなく、自動車や自転車のふさわしいあり方や、横断歩道や自転車レーンのデザインマニュアル(URBAN BIKEWAY DESIGN GUIDE)などの都市交通とストリート活用をセットで考えている点が素晴らしいです。

_5354595

そんな彼女の「STREET FIGHT」というタイトルだけに、ストリートとの戦い・苦闘やそれを突破した手法など、経験に基づいた話が記されていることでしょう。ぜひ手にとってみてみてはいかがでしょうか。

ソース:http://www.jsadikkhan.com/streetfight-the-book.html

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。