京都府が仕掛けるお茶の祭典、2万人参加のソト茶会に見た「身近な茶会」を支えるツール

青空の下、一面に広がる芝生。ロの字型に組まれた特設バーカウンターの中では、お茶文化を伝える「アンバサダー」がお客様をもてなします。

4月頭に筆者が参加した、「お茶の京都博」のキックオフイベントの様子です。会場は、京都府南部の八幡市にある桜の名所「背割堤」。桂川、宇治川、木津川の三川が合流し淀川となる場所で、東に男山、西に天王山を望む絶好のロケーションで、お茶とお菓子を楽しみました。

DSC_0652-1

青空の下で大茶会

「お茶の京都博」は、京都府が中心となって推進するイベントで、2017年4月から1年間かけて様々なプログラムを提供します。そのオープニングを飾ったこのイベントは、2日間で2万人を動員。その目玉のプログラムが、芝生上の特設ブースで開催した「1万人の大茶会」でした。

参加者は抹茶や玉露、煎茶のチケットを購入し(300円〜800円)、「宇治茶BAR」と名付けられたブースで、お茶の入れ方や茶葉の説明を受けながらお茶をいただききます。対応するのは、京都府民から公募で選ばれた「プレミアムティーアンバサダー」。イベント開催に向けて宇治茶の歴史や文化を学んできただけあり、お点前も鮮やかです。

自然に囲まれ、おしゃれなスタンドでお茶体験

来場者は大人の男女が目立つ一方、外国からの来訪者も多数見られました。「宇治茶BAR」で同席した海外の方は、このイベントのために来日し、お茶を味わいに来たと言っていました。

自然に囲まれた環境が訪問者をリラックスさせ、同席した初対面の方とも、のんびりした空気で屈託のない会話を楽しみました。通常のお茶会ではなかなか体験できなさそうな、フランクな雰囲気です。

DSC_0646のコピー

プレミアムティーアンバサダーのお点前

茶会と言えば、形式的な茶室等での設えをイメージしがち。ですが、この茶会で使用された什器は、9mm角ほどのスチール材で組んだ高さ60cmほどの直方体の上に、長さ4mほどの木製の天板を渡したシンプルな構造です。スチールと木の組み合わせで、軽やかな印象。お客さんも正座することなく、イスに座って気軽なお茶を楽しみます。

今回のような大きな会場では、この什器4台をロの字型に組み合わせたものを1つのブースとしていました。例えば街なかで開催する場合には、什器1台だけでも十分機能します。ちょっとしたパブリックスペースで、お茶会体験ができそうです。

身近なお茶も味わう場所で特別に

「日常茶飯事」という表現があるように、お茶は日本人にとって身近な存在です。飲食店で無料で提供される一方で、茶室で嗜む高級なお茶があり、両極端な扱われ方をしています。

DSC_0643

茶室より気軽な茶会

このイベントは、日常的なお茶に価値を見出すと同時に、高級なお茶の敷居を下げることで「京都のお茶」のブランドを強化し、再発信していくことを狙っているようです。日常的に飲む何気ないお茶も、場所が変われば気分も変わり、特別な気分も味わえることを実感しました。

All Photos by Junich Atomiya

お茶の京都博

期間 2017年4月〜2018年3月
会場 京都府南部を中心とした各所
出展 お茶産業の振興や伝統文化継承、特産品紹介
プログラム プログラムによっては有料(詳しくはウェブサイトをご覧ください)
主催 お茶の京都DMO設立推進協議会(京都府と、京都府南部を中心とした12市町村)
運営 お茶の京都博実行委員会
ウェブサイト http://ochahaku.kyoto/
The following two tabs change content below.
後宮 淳一

後宮 淳一

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修了。小さな設計事務所の会社員。学生時代より住民がまちなかで楽しめる場所の創造を焦点に活動を行う。ウィーンへの留学経験から、論文ではマスタープランの策定手法に関する研究に取り組む。