アメリカを変えた10の公園とは?(10 Parks That Changed America)

日本でも、都市公園のあり方について議論がなされていますが、アメリカでは、日本とは事情が違いつつも、公園がこれまでのアメリカを大きく変えてきました。有名な公園もあれば、あまり知られていない公園もあります。

冒頭の動画は、PBS: Public Broadcasting ServiceWTTW Chicagoは、4月12日に新しいドキュメンタリーを放送する。番組の内容は、アメリカの開拓時代から現在まで、影響を与えた10の公園を取り上げています。それでは見てみましょう。

その10の公園は、WTTWと専門委員によって選ばれました。
Thaisa Way(ワシントン大学准教授American Society of Landscape Architects (ASLA:アメリカランドスケープアーキテクト協会)
Walter Hood(ASLA, professor of landscape architecture at University of California,Berkeley(カルフォルニア大学バークレー校ランドスケープアーキテクト科教授))
Peter Harnik(ASLA, director of city park excellence at the Trust for Public Land:トラストフォーパブリックランド 良質な都市公園ディクレクター

最後に紹介した、ピーター・ハンリック(Peter Harnik)は、Urban Greenという本の著者でもあります。

それでは、アメリカを変えた10の公園を紹介しましょう。

1) The Squares of Savannah, Georgia
サバンナスクエア、ジョージア州

photo by PPS WEBSITE:http://placemaking.pps.org/great_public_spaces/one?public_place_id=609

photo by PPS WEBSITE:http://placemaking.pps.org/great_public_spaces/one?public_place_id=609

2) Fairmount Park, Philadelphia, Pennsylvania
フェアモントパーク、フィラデルフィア市・ペンシルバニア州

photo by http://www.movoto.com/guide/philadelphia-pa/fairmount-park-philadelphia-neighborhood/

photo by http://www.movoto.com/guide/philadelphia-pa/fairmount-park-philadelphia-neighborhood/

3) Mt. Auburn Cemetery, Cambridge, Massachusetts
オーバン墓地、ケンブリッジ市・マサチューセッツ州

photo by http://cemeterytravel.com/2011/09/07/cemetery-of-the-week-31-mount-auburn-cemetery/

photo by http://cemeterytravel.com/2011/09/07/cemetery-of-the-week-31-mount-auburn-cemetery/

4) Central Park, New York City, New York
セントラルパーク、ニューヨーク市・ニューヨーク州

photo by http://www.amnh.org/explore/news-blogs/news-posts/microbiome-monday-the-microbiome-of-central-park

photo by http://www.amnh.org/explore/news-blogs/news-posts/microbiome-monday-the-microbiome-of-central-park

5) Chicago’s Neighborhood Parks, Chicago, Illinois
シカゴネイバーフッドパークス、シカゴ市・イリノイ州

photo by http://www.city-data.com/articles/Lincoln-Park-Neighborhood-in-Chicago.html

photo by http://www.city-data.com/articles/Lincoln-Park-Neighborhood-in-Chicago.html

6) The Riverwalk, San Antonio, Texas
リバーウォーク、サンアントニアオ市・テキサス州

photo by http://media.visitsanantonio.com/News/English/Study-Reveals-River-Walk%E2%80%99s-Importance-to-San-Anton

photo by http://media.visitsanantonio.com/News/English/Study-Reveals-River-Walk%E2%80%99s-Importance-to-San-Anton

7) Overton Park, Memphis, Tennessee
オーバートンパーク、メンフィス市・テネシー州

photo by http://www.mikesmemphistours.com/uselater/MemphisElvisStyle.html

photo by http://www.mikesmemphistours.com/uselater/MemphisElvisStyle.html

8) Freeway Park, Seattle, Washington
フリーウェイパーク、シアトル市・ワシントン州

photo by http://parkourproject.com/new-blog/2015/9/3/north-american-womens-parkour-jam-in-seattle-1

photo by http://parkourproject.com/new-blog/2015/9/3/north-american-womens-parkour-jam-in-seattle-1

9) Gas Works Park, Seattle, Washington
ガスワークスパーク、シアトル市・ワシントン州

photo by http://www.architecturalrecord.com/articles/2786-national-register-of-historic-places-recognizes-two-post-war-parks?v=preview

photo by http://www.architecturalrecord.com/articles/2786-national-register-of-historic-places-recognizes-two-post-war-parks?v=preview

10) The High Line, New York City, New York
ハイライン、ニューヨーク市・ニューヨーク州

photo by http://www.broketourist.net/the-high-line/

photo by http://www.broketourist.net/the-high-line/

このリストの作成の議論の中では、公園がすべての複雑な環境的、社会的、または経済的な問題を解決するために作成され、それらの問題はここに今もあるというコメントがありました。いくつか特徴的な議論のコメントを紹介しましょう。

サバンナスクエアは、問題解決のためだけではなく、「誰もが公園へのアクセス権を持つべきであるという信念で作成されました」。

これらの公園たちは、「人々が自分自身を表現するために集まる場所として公共の公園や広場を設定する際に絶大な影響を与えました」という議論もありました。

「ハイラインやシカゴのミレニアムパークは、ショーケースパークであり、近隣の負担だけでは成り立っていないが、それ以上に公園の勢いが大きい」

「自然は健康上の利点が多いという研究も多く、都市コミュニティの中に緑地を多く入れている。自然の中で、人々は血圧を低下させるなどのすべての良いホルモンを放出し、ストレスレベルを減少させ、都市公園で時間を過ごす機会があることは貴重である。」

「公園へのアクセスは、より公平になる必​要がある。」

photo by http://www.cityofchicago.org/city/en/depts/dca/supp_info/millennium_park_-artarchitecture.html

photo by http://www.cityofchicago.org/city/en/depts/dca/supp_info/millennium_park_-artarchitecture.html

いかがでしたでしょうか。
アメリカの10の公園を見る限り、アメリカのパークには、日本の公園とどこか違う要素が見え隠れします。それは、ミュージアム、シンボル的要素や自然を含めたランドスケープ要素だけではなく、映画上映会やピクニックなどのレクリエーション要素、ヨガなどの健康要素、コミュニティプログラム要素、飲食や名所的な観光要素などがあります。

日本の公園とアメリカのパークの概念には少し差があるような気がしますね。今後もアメリカのパークの概念に注目していきたいと思います。

ソース:http://www.sustainablecitiescollective.com/dirt/1162883/10-parks-changed-america

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。