イベント

Events

イベント

4/17:三浦詩乃×野原卓×泉山塁威 ストリートデザイン・マネジメントとは何か?

先月、3月3日に行われた、ストリートデザイン・マネジメントシンポジウム
また、同時期に発売された、『ストリートデザイン・マネジメント: 公共空間を活用する制度・組織・プロセス』は、ストリートに関する体系的に、アカデミックにまとめられ、今までありそうでなかった本ではないでしょうか。

しかし、ストリートデザイン・マネジメントを巡っての議論やこれからのストリートのあり方はまだまだ議論の余地があるのではないでしょうか。今回の出版された本を下敷きに、これからのストリートデザイン・マネジメントのあり方の議論がなされることを期待します。

そこで、B&Bトークで、「ストリートデザイン・マネジメントとはなにか?」が開催です。ソトノバからは、本の著者でもある、三浦詩乃、泉山塁威も登壇。どのような議論が起きるか、楽しみです。ぜひご参加ください。

(詳細・申込は、主催者にお問い合わせください。)

三浦詩乃×野原卓×泉山塁威
「ストリートデザイン・マネジメントとはなにか?」
『ストリートデザイン・マネジメント: 公共空間を活用する制度・組織・プロセス』刊行記念

詳細・申込はこちら:

3月初旬に、『ストリートデザイン・マネジメント: 公共空間を活用する制度・組織・プロセス』が発売されました。


今、日本各地で公共空間の活用が加速しています。歩行者天国、オープンカフェ、屋台、マルシェ、パークレット等、ストリートを使いこなす手法も多様化しています。


同書では、歩行者にひらく空間デザイン、公民連携の組織運営、社会実験~本格実施のプロセス等を国内外の多数の事例から体系的に解説しています。


この刊行を記念して、トークイベントを開催します。


ゲストに、同書の著者、三浦詩乃さん(横浜国立大学)、野原卓さん(横浜国立大学)、泉山塁威さん(東京大学)をお迎えして、ストリートデザイン・マネジメントの現在地とこれからのストリートについて、お話しいただきます。


「ストリート」「パブリックスペース」などに興味のある方、まちのために何かしたいと思っている方必見の内容です。

日程 _
2019年4月17日(水)
時間 _ 20:00~22:00 (19:30開場)
場所 _ 本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)
入場料 _ ■前売1,500yen + 1 drink
■当日店頭2,000yen + 1 drink

出演 _


三浦詩乃(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院助教)
野原卓(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授)
泉山塁威(東京大学先端科学技術研究センター助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長)

【出演者プロフィール】

三浦詩乃(みうら・しの)
横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院助教。1987年生まれ。東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。博士(環境学)。2015年より現職。専門は都市デザイン、公共空間のデザイン・マネジメント。国際交通安全学会特別研究員を兼務。日本都市計画学会論文奨励賞受賞。

野原卓(のはら・たく)
横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授。1975年生まれ。2000年東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)、一級建築士。大手設計事務所、東京大学助教等を経て2010年より横浜国立大学、2011年より現職。著書に『アーバンデザイン講座』(共著)など。

泉山塁威(いずみやま・るい)
東京大学先端科学技術研究センター助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長/アーバンデザインセンター大宮ディレクター。1984年生まれ。2015年明治大学大学院博士課程修了。博士(工学)。明治大学助教等を経て2016年より現職。著書に『市民が関わるパブリックスペースのデザイン』(共著)など。

Twitter

Facebook

Google+