都市に椅子を並べて住民のコミュニケーションを促す。スペイン・アブランテスの「180 CREATIVE CAMP 2015」から生まれたDOMESTICITY

スペインのアブランテスで、「180 CREATIVE CAMP 2015」というアートコンペが行われた。自治体のアブランテスと建築プラットフォームのArchidailyリスボン建築トリエンナーレなどがコラボしている。

コンペ内で「URBAN INTERVENTION PROJECTS」は、ポルトガル、ブラジル、デンマーク、オーストラリア、トルコ、イギリス、メキシコ、ベネズエラ、米国、コロンビア、ポーランド、インド、アルゼンチン、イタリア、フランス、インドネシア、ドイツ、ボリビア、チリ、ポーランドなどの20カ国のチームの提案が1ヶ月で集まりました。

コンペの勝者は、「DOMESTICITY」という提案でマリア・マザンティとマルティン・ラミレスが受賞し、活動費が€5000(約66万円)与えられました。彼らの提案ボードは下記のように都市の中に様々な色の椅子を並べ、都市の住民の生活を豊かにするというものです。

893ffa27952311.5636d4ea21d9d (1)

実際に行われた写真と動画を見てみましょう。
多色の椅子たちがまちに置かれると、だんだん住民たちが座って行きます。普段は何もなかった路地やまちがカラフルな椅子たちと住民によって彩られていく、素敵なアートプロジェクトですね。ちょっとの仕掛けでアートがパブリックライフを豊かにしています。


Domesticity @ 180 Creative Camp Abrantes 2015 from Canal180 on Vimeo.

53e1d727952311.5636d4ea4997e

fae8d827952311.5636d4ea85f1d

a96ddf27952311.5636d4ea74c0b

DSC1060

photo by 180 CREATIVE CAMP 2015 WEBSITE

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。