イベント

Events

イベント

1/17:渋谷どこでも運動場プロジェクト・オンライン学習会「運動×公共空間の活用」

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大に応じて始まった、屋外客席などの道路占用許可緩和措置や、歩行者利便増進道路の指定制度などが打ち出されました。

(ソトノバでは、「コロナ道路占用許可」のまとめページを作成し、全国の取組み情報を集約しています。)

また、道路のみならず、屋外パブリックスペースに期待される役割も再定義されてきています。

渋谷どこでも運動場プロジェクト*では、「運動×◯◯」をテーマにオンライン学習会が開催されます。

その第一弾として、「運動×公共空間の活用」を考える機会が設けられました。

ソトノバ共同代表理事である石田が登壇しますので、ぜひご参加ください。

*「渋谷どこでも運動場プロジェクト」とは、渋谷区を「15平方キロメートルの運動場」と捉え、「運動することを、特別な行為ではなく、生活習慣の一部に」することを実現するため、くらしに身近な道路や緑道、公園など、人が行き交う場所を使って、スポーツや遊びを通して体を動かしながら、地域に住んでいる人同士がつながることのできる機会づくりを応援する事業です。

(問い合わせは主催者にお願いいたします)

渋谷どこでも運動場プロジェクト・オンライン学習会「運動×公共空間の活用」のご案内

今年、国土交通省は相次いで、道路占用許可基準の緩和や歩行者利便増進道路の指定制度などを打ち出しました。近年、道路のみならず、屋外の公共空間の活用に注目が集まっています。渋谷どこでも運動場プロジェクトも道路や緑道、公開空地などで実施していますが、屋外公共空間を使い倒すことで、その町や地域が変化していく可能性も秘めています。建築家でありソトノバ(外の場)のデザイナーである石田さんと、屋外公共空間の可能性を考えます。
(主催者告知ページより)

概要

日時2021年1月17日(日)10:00~11:45
場所オンライン(Zoomミーティング)
定員90名
対象者渋谷区在住・在勤・在学者を優先
※定員に満たなかった場合には、区外の方も参加いただけます。
参加費無料
申込主催者HPより(https://tokyoplay.jp/shibuyadokodemo/876/)
主催一般社団法人TOKYO PLAY

Twitter

Facebook

note

4+