ブリティッシュコロンビア大学が傘を無料で共有するプロジェクト「umbracity」が話題に。

皆さんは、雨の日に、ビニール傘がなくなったりしたことはありませんか?

 

雨の日が多いバンクーバーにある、ブリティッシュコロンビア大学では、
学生に無料で傘を共有するサービス、「umbracity」を提供しています。

 

UmbraCity-2-800x450

photo by pop up city

 

会員カードを登録すれば、学生なら誰もが使えるシステム。
大学キャンパスというパブリックスペースは、雨の日は黄色い傘でいっぱいになるでしょう。

2日以内に返却すれば無料、その後は延滞料金が課せられるそうです。
傘にIDがふられているので、どこにあるかすぐにわかって回収もしやすいようです。

 

11910349_589931847815939_194530330_n

photo by instagram ubmracity_vancouber

 

返却ボックスのデザインもかっこいいですよね。
ちゃんと返却したくなるデザインです。

 

傘から雨の日のパブリックスペースを変えるという、
新しい視点のソーシャルプロジェクトでした。

 

紹介ビデオがあるので、ぜひご覧ください。

video by umbracity
ソース:http://popupcity.net/umbrella-sharing-service-for-students-in-vancouver/

WEB:http://umbracity.com/

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。