【8/22】「ソト使いから考える団地の未来!」ソトノバTABLE#19

第19回となるソトノバTABLEで注目するのは「団地のソト」。

昭和30年代〜40年代にかけて、経済成長や人口増に伴い都市部や郊外では団地の建設ラッシュがおこりました。日本人の住まい方を変え、憧れの的となった団地暮らし。

しかし現代においては、住民の高齢化、建物の老朽化、空室率の増加によるゴーストタウン化等が著しく、まちとしての課題が山積しています。
空洞化が進む場所というイメージがある一方、団地には、現代の集合住宅にはない緑豊かな共用空間(コモンスペース)=ソトが存在します。

団地の住民はもちろん、周辺の人たちが緑道として歩いたり、休んだり、遊んだりすることもでき、団地は実はまちの資源であるといえます。そんなソトを活用することで、これからの時代における団地暮らし再生の可能性を探っていけるのではないでしょうか。

そこで今回のソトノバTABLEでは、ソト空間を活用した団地再生に取り組んでいらっしゃる方々をゲストに迎え、団地の未来についてみんなで考えます。

ソトを豊かに使うことで、魅力ある団地暮らしを取り戻すには?
ぜひご参加ください!

「ソト使いから考える団地の未来!」ソトノバTABLE#19

日 時: 2017年8月22日(火)19:00-22:00(開場 18:45-)
会 場: Diagonal Run Tokyo:ダイアゴナルラン (東京都中央区八重洲2−8−7福岡ビル4F)

https://diagonal-run.jp

主 催: ソトノバ
FACEBOOK: イベントページ
申 込: peatixより、お申込みください。キャンセルの対応はシステム上致しかねます。

タイムライン:

18:45- 開場
19:00- チェックイン
19:10- イントロ
19:15- ゲストトーク

その1「左近山団地パークプロジェクト」

高鍋剛 氏(株式会社都市環境研究所)、熊谷玄 氏(株式会社スタジオゲンクマガイ)

その2「まちにわひばりが丘」

田中宏明氏(株式会社HITOTOWA)
20:15- クロストーク(コーディネーター:三谷繭子/ソトノバ副編集長)
20:45- クロージングフォト&ソトノバドリンクス
22:00 終了

ゲストプロフィール

高鍋 剛 氏

熊谷 玄 氏

1967年仙台生まれ。㈱都市環境研究所 主任研究員・取締役、認定NPO法人日本都市計画家協会・理事。都市プランナー。専門は土地利用計画、都市計画制度全般。
主な仕事は、市町村の土地利用計画、マスタープラン、地区計画、コミュニティデザイン、団地再生、再開発、民間開発企画、エリアマネジメント、震災復興など。
東日本大震災では、日本都市計画家協会で震災復興支援行う他、気仙沼市、石巻市、南三陸町、大槌町等で漁村の復興、復興計画の立案。趣味は囲碁と人間観察。
1973年横浜生まれ。STGK代表。愛知県立芸術大学、東京電機大学非常勤講師。
現代美術作家崔在銀のアシスタントを経て、2002年からEARTHSCAPE INC.,2009年から現職。ランドスケープデザインを中心に、
「デザインを通して人のいる場所をつくる」ことを生業とする。主な仕事に「三井アウトレットパーク木更津」
「MUFGグローバルラーニングセンター」(神奈川建築コンクール最優秀賞)「南万騎が原駅前広場」(グッドデザイン賞)
趣味はデザインすること。

田中 宏明 氏

HITOTOWA INC.所属。1991年長野県飯田市生まれ。筑波大学人間学群心理学類卒業。大学にて社会心理学を学び、復興支援活動を行なうNPOの意識調査などに取り組む。また在学中には、学生と地域住民の交流の場づくりや、インターンでの住民主導のまちづくり事業を経験。2015年よりひばりが丘団地再生事業区域におけるエリアマネジメント業務に従事。現在も一般社団法人まちにわ ひばりが丘の事務局として現地に常駐している。

 

<ソトノバTABLEとは?>

ソトノバTABLEは、パブリックスペース特化型ウェブマガジン・ソトノバ|sotonoba.placeがお送りする、楽しくワイワイパブリックスペースを議論する座談会。トークイベント、ワークショップ、アイデアソン、ドリンクス。様々な形態でパブリックスペースのウズをリアルな場でつくっていきます。
>>これまでのソトノバTABLEはこちら

P1100962P3041042

<問い合わせ>

パブリックスペース特化型WEBマガジン|ソトノバ
運営:一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ
social-07 social-02 social-03 social-04 social-05 social-06

保存保存