【1/30】編集長登壇!プレイスメイキング/ワークショップin静岡~青葉シンボルロードをみんなのリビングに~

静岡市の青葉通りという公園空間を活用した社会実験「プレイスメイキングアクション」が今月実施されています。それに併せた地元でのワークショップでは、編集長の泉山が、「パブリックスペース活用の意味とケーススタディ-池袋GREEN BLVD MARKETに見る活用マネジメントの戦略-」というテーマでレクチャを行います。

社会実験やワークショップにご関心の方はチラシにある申込方法に、お申し込みの上、ご参加下さい。

プレイスメイキング/ワークショップin静岡 第2回ワークショップ ~青葉シンボルロードをみんなのリビングに~

身の回りにある公園や道路がもっとこうだったら、更に良い街になるのになぁと思うことはありませんか?
でも、自分は専門家でもないし、どうして良いかわからないし…と悩んでいることはありませんか?

公共空間は皆さんのための空間です。
使う人の視点に立って、ちょっとした改善の一手を加えることで、人々に利用され、賑わいと活気を生み出す場所へと生まれ変
わらせることができます。
この考え方は近年「プレイスメイキング(placemaking)」と呼ばれています。
青葉シンボルロードは、静岡市の中心部にあって、緑に溢れ、商店街に囲まれているとても素晴らしい潜在力を持っている場所
です。青葉シンボルロードが、皆さんにとってのまさにリビングルームとなるように、一緒にアイデアを考えてみませんか?

開催概要

開催日: 2016.01.30(土) 14:00~16:40
会 場: コミュニティホール七間町1階ホール(静岡市葵区七間町12-4)
参加料: 無料(先着50名)
レクチャー: 「パブリックスペース活用の意味とケーススタディ
-池袋GREEN BLVD MARKETに見る活用マネジメントの戦略-」
泉山塁威(一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ共同代表理事/ソトノバ編集長)
主 催: 静岡市
企画運営: 公益財団法人静岡市まちづくり公社
協 力: A.P.S(Action for Public Space)推進会議
(公益社団法人都市計画学会 社会連携交流組織)

お申し込みは、チラシ記載の申込先をお願いします。

20160130-2_page_1

 

同時開催!
プレイスメイキング アクション ~青葉シンボルロードをみんなのリビングに~

青葉シンボルロードをさらに魅力ある空間となるよう、みなさんと一緒に考えていくことを目的に青葉シンボルロードを市民の心地よい居場所とするための空間活用調査を実施します。
自由に動かせるイスやテーブルを用意します。休憩、読書、コミュニケーションの場など、好きな時間を過ごして、まちなかでのあらたな楽しみ方を発見しましょう。

実施期間: 2016.01.15(fri)-01.31(sun)
実施場所: 青葉シンボルロード B3ブロック
実施時間: 10:00~21:00(金曜・土曜は22:00まで)
注:天候により実施時間を変更する場合があります。

kuukan

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。