【11/13】アメリカ大人気ハンバーガー店「SHAKE SHACK」日本1号店が神宮外苑イチョウ並木にオープン!

いよいよ11月13日に、アメリカのハンバーガー店「SHAKE SHACK」(シェイク・シャック)の
1号店が神宮外苑イチョウ並木にオープンする。
運営は、Afternoon Teaなどを手がける、サザビーリーグ

SHAKE SHACKは、アメリカのマディソンスクエアパーク(madison square park)の
フードカートから生まれ、今やアメリカ人気のハンバーガー店で、
イギリスや中東にも展開している。
2014年度版のZagat NYCで「最も人気のあるニューヨークのレストラン」の中に選ばれた。

top_main_vis02

 

人気の理由は、高価格なグルメバーガーが、比較的安価に楽しめることや
ポテトやビールのほか、フローズンカスタードを使った濃厚アイスが楽しめるそう。

 

IMG_9169

アメリカのお店の場合、テラス席に卓球台があるなど、ホスピタリティあふれ、
楽しい店づくりがなされている。
はたして、日本のお店ではどうか?

 

11259730115_505f47c712_z

photo by Flicker CC

 

ところで、神宮外苑のイチョウ並木、公園なのだろうか?
と疑問を持つマニアックな方もいるでしょう。
最近、上野公園などを代表的に、公園にカフェのある事例が増えていますよね。

実は、イチョウ並木から東側(写真の右側)は、都立明治公園だが、
SHAKE SHACKのある西側は、神宮外苑の私有地になる。

 

top_main_vis01 (1)

私有地であるので、飲食店の出店は特別なことではない。
このイチョウ並木に面したSHAKE SHACKはさらなる付加価値のついたお店になるでしょう!

第一号店をお楽しみに!

 

Photo by SHAKE SHACK

 

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。