国際会議「Pro Walk/Pro Bike/Pro Place 2016」で提案募集!

アメリカのパブリックスペースのNPO、PPS(Project for Public Spaces)と国立サイクリング・ウォーキングセンター(National Center for Bicycling & Walking)は、”Pro Walk/Pro Bike/Pro Place 2016“という国際会議を、アメリカ・ブリティッシュコロンビア州・バンクーバーのシェラトンウォールセンターで、2016年9月12-15日に開催する。

7595370182_85e40e3f16_b-e1424881186597

今回の国際会議のテーマは、Moving Towards a Healthier World(健康な世界に向かっていく)です。Pro Walk/Pro Bike/Pro Place 2016は、1980年に設立され、アクティブ交通と生活についての北米最大級の国際会議になっています。都市計画や交通エンジニア、パブリックヘルス(公共の健康)の専門家、当事者、地域リーダーなど多様な参加者がいます。参加者は、ウォーキングや自転車がクオリティオブライフを改善し、活性化に寄与することにつながることに理解し共有しています。

今回の国際会議では、多くの参加者から提案を求めています。主なテーマは、下記の4つです。

1.Mobility(モビリティ)
2.Governance(ガバナンス)
3.Health(健康)
4.Resilience(レジリエンス)

提案募集の締め切りは、2016年1月29日(金)(Friday, January 29, 2016 at 8pm Eastern)です。
発表形式は、ポスター、ペチャクチャスタイルプレゼン、シングルブレイクアウトプレゼン、パネルブレイクアウトプレゼン、パネルブレイクアウトビデオの提出形式があります。
詳細や問い合わせは、HPをご覧ください。

ぜひ、日本からもたくさんの提案が集まるといいですね。

ソース:PPS WEBSITE

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。