自転車付きの仮設幕はアーケードや新しいスペースをつくりだす!イングランド・プレストンにあるサイクリングキャノピー

最近、日本でも屋台やリヤカーゴなどのモバイルファーニチャー(仮設的な家具)が増えてきていますね。

イギリス・イングランド・プレストンでは、中国・北京の設計事務所・People’s Architecture OfficePeople’s Architecture OfficeIn Certain Placesがプロデュースした、仮設幕のピープルキャノピーが、未利用のパブリックスペースを豊かにしているそうです。

自転車の車輪の上に2階建ての高さの赤い幕をつけて、アコーディオンのように、横に拡張します。駐車スペースや歩道など、レストランなどの飲食店や中小企業と連動して、居場所をつくり出しています。

SONY DSC

Peoples-Canopy-3

キャノピーは、プレストン市内を移動し、市民や大学生のボランティアによって運営されています。キャノピーは、一時的なソトミーティングスペースになったり、フェスや集会、美術展示、公演などに役立っています。

SONY DSC

Peoples-Canopy-2

このピープルキャノピーは、プレストンの後に、香港の都市・建築ビエンナーレに移動するそうです。

Peoples-Canopy-5

Peoples-Canopy-4

ソース:http://popupcity.net/cycling-canopies-create-new-urban-spaces/

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。