【11/18-23】柏の葉に屋台出現!柏の葉賑わいづくりプロジェクトの第2弾!

道路占用許可の特例を取得して、賑わいづくりや公共空間活用を進める、
柏市・柏の葉キャンパス駅周辺地区(つくばエクスプレス線沿線)。

2016年に開業を控えるT-SITEに備え、
地域主体で、屋台プロジェクトが生まれています。

第1回は、10月に実施し、
今回は第2回!

どんなバージョンアップと賑わいが生まれるのか、楽しみですね。

日時: 11月18日 17:00 ~ 11月22日21:00
会場:柏の葉キャンパス駅西口ゲートスクエア前
FACEBOOK:https://www.facebook.com/events/506748149493196/

 

本プロジェクトは柏の葉キャンパス駅をより魅力的な街にするためのものです。現在の柏の葉駅前では、2014年に柏の葉スマートシティの中核となるフューチャセンターやゲートスクエアが整備され、「公・民・学」の連携による先進的な都市モデルづくりが進められています。しかし、大型施設の整備が進む一方で、気軽に人々が飲食やコミュニケーションを楽しむ場所が限られているという声が駅の開業当初からしばしばあがっていました。そこで、柏の葉住民や駅周辺のワーカーにむけて、長年の要望であった”屋台”を柏の葉に実現しようというプロジェクトが立ち上がりました。
10月23日〜24日には実証実験第一弾として4店が出店しましたが、出店者の皆様さまをはじめ多くの方々のご協力により、大変ご好評をいただくことができました。この成功をふまえ、来たる11月18日〜22日にはより本格的な出店をめざした実証実験第二弾にチャレンジします。皆様ぜひお楽しみください。主催:柏の葉駅周辺賑わいづくりワーキンググループ
(本プロジェクトは東京大学出口研究室、UDCK、三井不動産の共同研究として実施されています)
The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。