駅前広場では初!自由が丘の道路空間が国家戦略特区の道路占用事業を取得の見込み!

道路空間の活用として着目されている、
国家戦略特区の特例道路占用事業(国家戦略特別区域法)。

東京でも区域計画認定事例が増えてきましたが、
11月26日の東京圏区域会議で、自由が丘商店街振興組合が
区域計画案を提出しました。

今後、近日開催が予想される区域会議で、内閣総理大臣認定を受ける見込みになります。

主体: 自由が丘商店街振興組合
道路空間: 特別区道一級幹線28号線、特別区道一級幹線29号線及び特別区道H 103号線

shiryou2

整備イメージは、自由が丘駅前広場整備計画より転載。

 

 

 

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。