空き地で挑戦する新たな暮らしの実験 ~“HELLO TABLE”にお邪魔してきました~

JR西千葉駅の周辺に広がる住宅地の中に、とある空き地があります。

ここは『HELLO GARDEN』という空き地で、暮らしを自分たちで楽しく、豊かにしてくための「生きる力」を身につけるために、菜園や自家発電、お祭りの開催など、暮らしにまつわるさまざまな実験を行う場として開かれている場所です。
空き地には畑があり、無農薬・無化学肥料の野菜が育てられています。また、農具などを保管する倉庫やむき出しのシンクなどが置かれています。

そんな『HELLO GARDEN』は同じく西千葉にある千葉大学を卒業した2人の女の子が中心となり、周りの方々に支えられて運営されています。
今回は『HELLO GARDEN』で毎月1回日曜日に開催されるピクニック、『HELLO TABLE』にお邪魔してきました。

HELLO GARDENのコンセプト

HELLO GARDENのコンセプト

HELLO GARDENにあるファーニチャーたち

HELLO GARDENにあるファーニチャーたち

『HELLO GARDEN』のコンセプト 全文

今の私たちの生活は、たくさんのモノやサービスに溢れ、それらのほとんどをお金で消費することで手に入れています。

消費を中心とした生活を成り立たせるために、多くの人は膨大な時間とエネルギーを労働に費やしています。

しかし、私たちの生活を豊かにしてくれるのは、お金やモノではなく、自らがつくりだす「楽しい時間」なのではないでしょうか。

私たちが目指すのは、様々なコントロールから距離をおき、なにがあっても動じず、都市の中で自然に生きていける力を身につけること。

ちょっとおかしい今の社会を眺めなおして、世の中の大きな流れに飲み込まれない暮らしづくりを西千葉というまちで探してみようと思います。

『HELLO GARDEN』は、新しい暮らしを自分たちの手でつくる実験広場であり、地域の人々に楽しく暮らすヒントを提供するローカルメディアです。

-ピクニックを通じて気軽に実験に参加する-

ピクニックのテーブルの様子

ピクニックのテーブルの様子

『HELLO TABLE』のコンセプトは「実験的ピクニック」。
この「実験的」という言葉には、じつは様々な意図が含まれています。

ショッピングセンターやアウトレットモール、マルシェやマーケットイベントなど、「消費」を中心とした休日の過ごし方ではなく、自分が暮らす都市の中で「遊ぶ」時間を過ごす休日をつくる実験。
規則に縛られ、住民が自由に活用できない都市空間の中で、自分たちが自由に使える空間を獲得し、本当はやってみたい自由な活用方法を模索する実験。
そして、用意されたサービスにお金を払ってもてなされるのではなく、自分たち自身で自分たちが欲しいもの、楽しむ方法を手に入れる実験。

『HELLO GARDEN』が取り組む、都市生活を自分たち自身で暮らしやすく、楽しいものにするための実験のひとつなのです。

『HELLO TABLE』は、出入り自由で、料理やお酒を持ち込む人もいれば、手ぶらでふらっと立ち寄る人もいます。

こんなアクティビティがありました!

・テーブルの前に座ってお酒や食事を楽しむ
・ご近所にある千葉大学のモダンジャズ研究会によるジャズの演奏を聴く
・コーヒーを飲むために自転車発電機を頑張ってこぐ
・ロケットストーブの前で暖をとる
・段ボール箱で燻製に挑戦する
・畑の中を走り回る

空き地では、自分自身がそこでの時間を楽しむため、そこにいる誰かを楽しませるためのさまざまな実験を参加者自身が考えてやってみており、訪れた人は自分の興味のある場所で思い思いの時間を過ごしていました。

こういった暮らしの実験をするために、 「ソーラーパネルのワークショップへの参加」や「サバイバルキャンプの実践」といった手段もありますが、そういったイベントに参加するのは少しハードルが高いと思う人も多いと思います。
『HELLO TABLE』は、空き地という開かれた日常の場において、「ピクニック」、「立ち寄り自由」というハードルが低いきっかけを提供することで、より多くの人を実験に巻き込むことができていました。

また、初めて参加する人やよく参加する人、通りがかりのご近所の人など、初めて会った人々が食事や実験を通じて繋がり、自然と会話している様子がとても印象的でした。

自転車発電機でコーヒーをつくる

自転車発電機でコーヒーをつくる

ロケットストーブで、自家栽培のお米を炊く

ロケットストーブで、自家栽培のお米を炊く

走り回る子ども

走り回る子ども

炊きたてのご飯で参加者自身がおにぎりを握る

炊きたてのご飯で参加者自身がおにぎりを握る

炊きたてのお米を食べに集まる人々

炊きたてのお米を食べに集まる人々

-ソトで実験しよう!-

『HELLO GARDEN』の取り組みは、住宅地のど真ん中の空き地で実験に挑戦し続けることで、自分たちが大事にしている考えを周りに発信し、協力してくれる人とつながり始めています。

新しい試みを実践しようとする時、その実践に向けた試行錯誤の段階をオープンにしたいと思う人は、なかなかいないかもしれませんが、思い切ってソトでオープンに実験を始めてみると、ゴールへの近道や思いがけない発展につながるかもしれません。

そんな視点で身の周りにある空き地や公園、道路などのソト空間を見てみると、なんだかワクワクしてきませんか?

千葉大モダンジャズ研究会の演奏

千葉大モダンジャズ研究会の演奏

千葉大お笑いサークルP-RITTSのコント

千葉大お笑いサークルP-RITTSのコント

<HELLO GARDEN>

ホームページ:http://hello-garden.tumblr.com/
Facebookページ:https://www.facebook.com/harapecolab

<運営者>

生活実験家:西山芽衣 インタビュー動画
http://inspire-tokyo.jp/cast/mei-nishiyama/

 

テキスト:吹野紗絵((株)地域計画連合 研究員)
all of photo by 吹野紗絵

The following two tabs change content below.
寄稿枠

寄稿枠

ソトノバに発信したい思いのあるライター、研究者、実務者などの方からの寄稿をお待ちしています。 寄稿をご希望の方は、 ソトノバ編集室宛にメールをお願いします。 ソトノバ編集室 hello@sotonoba.place