【11/30】「これからのエリアマネジメントに必要な人材とは?」エリアマネジメント人材開発セッション第1弾

エリアマネジメント。ソトを居場所にしていくためにも重要な概念、手法です。
そんなエリアマネジメントの人材育成を考えるセッションが開催されます。

ソトノバ編集長の泉山も登壇予定です。

ぜひご関心の方は、ご参加ください。

このイベントは、都市計画学会の承認を受けて始まった「エリアマネジメント団体の人材育成と研修プログラム作成」を目的とした研究交流分科会が主催するものです。第一弾である今回は、エリアマネジメントに必要な人材像を描くために、関連する分野でどのような人材が求められ、人材育成をしているか話を伺います。エリアマネジメントに関心あるみなさまのご参加をお待ちしています。

日時: 11月30日(木)18:00〜20:30
会場: 法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー25階スカイホール
主催: エリアマネジメント人材育成研究会(都市計画学会研究交流分科会A) 、法政大学多摩共生社会研究所
後援: 全国エリアマネジメントネットワーク
内容:
(1) 基調講演 「エリアリノベーションに必要な人材像と育成(仮称)」

馬場正尊 建築家、 株式会社オープン・エー代表取締役、東京R不動産ディレクター

(2) 事例報告 「UDCKにおける人材育成」

三牧浩也 UDCK副センター長、東京大学講師

「ソトノバにおける人材育成」
泉山塁威 東京大学先端科学技術研究センター助教

(3) ワークショップ「エリアマネジメントに必要な人材と育成」
申込: 申し込みは、以下に氏名、所属、連絡先を添えてメールでお願いします。11/27締め切りです。

全国エリアマネジメントネットワーク事務局
info●fyard.co.jp  ●を@に変えてください。

 

エリアマネジメント組織マッピングプロジェクト

本研究会では、エリアマネジメント活動を行っているエリアマネジメント団体を広く見つけ出し、そうした団体で活動する人たちの情報共有や人材育成のプラットフォームを構築することを目指しています。

登録、詳細はこちらをご覧ください。
エリアマネジメント組織マッピングプロジェクト・サイト