高速道路で500人で500フィートのテーブルでランチ!?アメリカ・オハイオ州の廃止される高速道路の新しい可能性を探る社会実験!

アメリカ・オハイオ州・アクロンにある、Innerbelt・ルート59という高速道路は、
2016年に閉鎖されるようです。

そこで、住民たちは、閉鎖後の高速道路の使い方を検討し、アイデアをたくさん出しています。
そのアイデアは、Neighborlandというサイトで、集まっていて、支持者(サポーター)もアイデアに登録できるようです。このアイデアサイトの仕組みもすごいです!

そこで、10月4日13:00-16:00に、試験的に封鎖された高速道路で、
500人が500フィート(約152.4m)のスーパーロングテーブルでランチをするという、
オープンストリートプログラム(社会実験)が実施されました。

500-Plates-2-800x1200

photo by pop up city

 

500フィートのスーパーロングテーブルに圧巻ですね!

紹介ビデオがあるようですので、ご覧ください。

 

 

500-Plates-1-800x534

photo by pop up city

 

写真やビデオでは、住民が楽しく食事をしながらコミュニケーションをするのが伺えます。

それにしても、これは反対側に行く通り道はなさそうですね。
知り合い同士は、カウンターのように横並びで食事をして、
相席のように他の方とコミュニケーションをするのでしょうか。

私たちも、パブリックスペースのいろんなアイデアを妄想して、
実践していかなければいけませんね。

ソース:http://popupcity.net/enjoying-lunch-with-500-people-on-a-highway/

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。