ニュース

News

ニュース

【元旦共同代表挨拶】2019年ソトノバをどうぞよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年は、様々なソトノバのイベントやメディアを見ていただき、ありがとうございました。
2019年も、引き続き、活動して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年は、5月に、ソトノバを運営する一般社団法人の法人名を変更しました。一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズは、一般社団法人ソトノバとなりました。
また、7月には、共同代表理事が、泉山塁威に加え、荒井詩穂那、石田祐也、小澤亮太の3名を加え、4名体制になっております。

2019年の元旦挨拶は、4名の共同代表理事のコメントをご覧ください。

2019年のソトノバもどうぞよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
2019年は、ソトノバ4年目を向かっていきます。この3年で、パブリックスペースやソトの状況も変わってきました。それと同時に、ソトノバの役割や求められることも変わってきているように思います。
日本全国や世界中のパブリックスペースが注目を集める中で、それぞれの場所が、目指すビジョンの共有と、人のアクティビティや溢れる愛着、場所にコミットした当事者市民によるアクションや主体性などを纏った、日常的なソトの居場所が日本でも実現できるように、ソトノバとしては尽くして行きたいと思います。
今年のソトノバは、ソトのコミュニティメディアへの挑戦の年になるかと思います。ソトが好き、ソトで行動する人が集まり、情報交換や学び合い、行動する。そんな新しいソトノバのあり方を作っていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。(泉山塁威)
あけましておめでとうございます 2018年もソトノバを通してたくさんの人と出会う一年になりました。 今年もソトをきっかけにたくさんの出会いと挑戦につながる一年になりますように。 今年もソトノバをよろしくお願い致します。(荒井詩穂那)
あけましておめでとうございます。 現代の都市の豊かさは、ソトがもつ可能性に委ねられていると思います。ソトに注目が集まるなか、昨年は幸運にもソトノバに課せられる責任や向けられる期待も高まっていることを感じることができる一年でした。活動4年目を迎える本年も、ソトノバは、ソトの情報を発信するメディアとして、ソトの研究を進めるラボとして、そしてソトの現在を変えるプロジェクトチームとして、活動を行なってまいります。試行錯誤しながらではあるとは思いますが、様々なかたちでソトの楽しさを表現していきますので、2019年のソトノバもどうぞよろしくお願いいたします。(石田祐也)
あけましておめでとうございます。 昨年はソトノバにとって、チャレンジの1年だったと感じています。チャレンジしたことで、今のソトノバに何ができて、何が足りないのか。改めてソトノバとは。を考えることのできた1年でした。 ソトノバにとって、2019年は引き続きチャレンジの1年だと思っています。今年もソトノバを通して出会った人と、新たな関わり方、試みを行い、より良い街づくりに繋がるソトの場を作っていければと思っています。 2019年もよろしくお願いいたします。(小澤亮太)

Twitter

Facebook

Google+