イベント

Events

イベント

6/28締切:ソトノバ・ライタークラス:ソトノバの記事の書き方を学ぶ

ソトノバの人材育成講座。「ソトノバ・スタジオ」。
ソトノバ・スタジオでは、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会を始めます。
2019年6月期の二つ目は、「ソトノバ・ライタークラス:ソトノバの記事の書き方を学ぶ」。


ソトノバが活動を初めて、4年。2015年にソトノバは、パブリックスペース特化型ウェブマガジンとして、活動をスタートしました。

その中で、これまで、500を超える記事を発信してきました。それは、ソトノバのライターがそれぞれの関心に基づいて執筆してきたものです。

そこで、ソトノバとしては初めて、ソトノバライタークラスを始めます。

ソトノバ現役ライターも、ライターではないが、記事や文章を書きたい方は、是非受講ください。

また、新規のソトノバライターは、このソトノバ・ライタークラスの卒業生のみ受け付けます。

ぜひ、ソトノバ・ライタークラス1期生として、一緒に学びましょう。

開催概要

申込締切:6月28日(金)
※早割締切:6月18日(月)
参加者決定6月29日(土)
1回:7月4日(木)19−22:00
2回:7月18日(木)19−22:00
3回:7月28日(日)13−16:00
4回:8月1日(木)19−22:00
5回:8月8日(木)19−22:00

会場

新宿駅周辺(※第3回のみ渋谷駅周辺になります)
※会場は、参加者にお知らせいたします。

プロデューサー・講師

プロデューサー

泉山 塁威一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長/東京大学助教/
PlacemakingX Regional Network Leader, Japan
荒井 詩穂那一般社団法人ソトノバ共同代表理事・副編集長/首都圏総合計画研究所

ゲスト講師

山下 貴久さんカメラマン
樋口 トモユキローカルメディア代表編集者/ソトノバ副編集長

プログラム

1回:7月4日(木)
「ソトノバの記事の書き方を学ぶ」

初回は、ソトノバの記事の書き方をみんなで学びます。
自己紹介や全体のイントロのあと、プロデューサー・ソトノバ編集長の泉山塁威から、「ソトを編集すること」、「ソトノバの記事の書き方」についてのミニレクチャを行います。適宜、ディスカッションもしていきます。
後半は、個人ワークを行います。ミニ記事の書き方に沿って、実際に、ミニ記事を書く練習をします。
最後に、卒業課題の発表と、ウェルカムパーティで、クルーや参加者との交流を深めます。

2回:7月18日(木)
「記事のネタ探しとインタビュー方法を学ぶ」

第2回は、記事のネタ探しとインタビュー方法をみんなで学びます。
まず、冒頭に、プロデューサー・ソトノバ編集長の泉山塁威、副編集長の荒井詩穂那から、「情報収集・リサーチ方法」についてのミニレクチャを行います。適宜、ディスカッションもしていきます。
次に、プロデューサー・ソトノバ編集長の泉山塁威から、「インタビューの方法」について、ミニレクチャを行います。
後半に、ワークを行います。リサーチワークショップ、インタビューワークショップをグループで行います。

3回:7月28日(日)
「ソト写真の撮り方を学ぶ」

第3回は、ソト写真の撮り方を学びます。
ゲスト講師・カメラマンの山下貴久さんから、「写真の撮り方」、「SNS写真の撮り方」についてのミニレクチャを行います。適宜、ディスカッションもしていきます。
後半は、写真ワークショップを行い、実際に写真撮影をするフィールドワークをしたり、撮影した写真を元にまとめていきます。

4回:8月1日(木)
「継続的な記事の書き方を学ぶ」

第4回は、継続的な記事の書き方を学びます。
プロデューサー・ソトノバ編集長の泉山塁威から、「記事を書く」、「継続的な記事の書き方」に関するミニレクチャを行います。適宜、ディスカッションもしていきます。
後半は、グループワークで、記事の添削を行い、記事の書き方や記事を客観的に見る視点を養います。

5回:8月8日(木)
「卒業課題発表会:ソトノバライタークラス1期生の記事は?」

最終回は、卒業課題の発表会です。
卒業課題の発表と、ディスカッションを行います。
次に、全体でのディスカッションと総括をします。
最後に、修了証書授与、パーティで、クルー、参加者との交流を深めます。

参加費

20000円
(早割:18000円、ソトノバ割:18000円、遠方割:16000円、ソトノバライター割:10000円、レポート割5,000円)
※ソトノバ割・遠方割は、各先着2名様まで
※早割は、6月18日までです。
※レポート割は、感想レポートをnoteに執筆いただける方を対象にします。(先着1名)
※遠方割は、一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)以外に居住されている方を対象とします。

定員

20名(最低携行人数:8名)
※申込締切時に、最低携行人数に満たない場合は、実施しない場合があります。

申込

申込は、Peatixにて事前決済をお願いしています。
申込は先着順となります。
申込締切は、6/28です。
FACEBOOKイベントページもチェック!(アナウンスをする場合があります)

こんな人にオススメ!

・ソトノバ・ライター志望の方
・メディアに興味がある方
・記事を書けるようになりたい方
・写真を上手く撮れるようになりたい方
・わかりやすく伝えるようになりたい方

この講座で得られること

・継続的な記事・文章の書き方
・情報収集・リサーチの方法
・写真の撮り方
※全課程修了者には、修了証書が授与されます。
※全課程修了者の中で、希望者は、ソトノバ・ライターになることもできます。

準備するもの

ソトノバ・ライタークラスでは、個人のnoteアカウントを使用します。
アカウントをお持ちではない方は、noteのアカウントを予め登録をお願いいたします。毎回の宿題の提出をnoteで行います。

参考:泉山のnoteアカウント

クルー

◯プロデューサー

泉山塁威(いずみやま るい)
タクティカル・アーバニスト/東京大学先端科学技術研究センター助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長/PlacemakingX Regional Network Leader, Japan)
1984年札幌市生まれ/博士(工学)/認定准都市プランナー/専門は、都市経営/エリアマネジメント/パブリックスペース・パブリックライフ/ 著書に、「ストリートデザイン・マネジメント 公共空間を活用する制度・組織・プロセス」(共著、学芸出版社、2019年)など。

◯プロデューサー

荒井詩穂那(あらい しほな)
株式会社首都圏総合計画研究所研究員/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・副編集長。
都市計画コンサルタントとして、自治体の総合計画・地区のまちづくり計画等の策定業務やワークショップファシリテーション等に従事。

◯ゲスト講師

山下貴久(やました たかひさ)
1991年新潟生まれ。日本最大級のカメラ専門店勤務を経て、2018年にフォトグラファーとして独立。ビジュアルの力でひと・もの・ことの魅力を伝えることをテーマに活動中。主にイベント、カンファレンス、パーティーなど状況が変化する中で最良の写真を撮ることを得意とする。 コワーキングスペースco-ba ikebukuroのコミュニティマネージャー、異才発掘プロジェクトROCKETパートナーとしても活動中。

◯ゲスト講師

樋口 トモユキ(ひぐち ともゆき)
1972年愛知県名古屋市出身。1997年、日本経済新聞社系列の出版社である日経BP社に入社。18年間、記者・編集者として経験を積み、2015年「まちづくり会社ドラマチック」入社、16年独立。現在、ローカルメディア代表編集者、パブリックスペース特化型ウェブマガジン「ソトノバ」副編集長、新宿区落合・中井の地域イベント「染の小道」副代表などを務める。

◯サポーター

Kisa AGATAあがた きさ)
大学卒業後、商社に入社。OL生活に4年間で終止符を打ち、現在はフリーランスのPRライター/プランナーとして活動中。好きなことは、ダイビング、サーフィン、たべること。将来の夢は海を一望できる場所に移住すること。

募集中!

https://bosyu.me/users/sotonobaplace/wants/15554

<問い合わせ>

パブリックスペース特化型WEBマガジン|ソトノバ
運営:一般社団法人ソトノバ

Mail:hello●sotonoba.place ●を@に変えてください
WEB:http://sotonoba.place/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/sotonobaplace
Instagram:https://www.instagram.com/sotonoba/
twitter:https://twitter.com/sotonobaplace
note:https://note.mu/sotonoba
LINE@:ID検索→@ioz3275w

Twitter

Facebook

note