イベント

Events

イベント

【10/30】建築ジャーナル公開討論会「批評の在り処 都市の論点」開催!

2017年10月に特集編集協力にソトノバが関わった、建築ジャーナル。(特集はタクティカル・アーバニズム)
今年は、都市の批評ということで、再び建築ジャーナルとソトノバのコラボです。

限られた時間の中で2018年の「都市」のトピックを総括・議論するテーマとして、「パーク」と「社会実験」。
ソトノバ編集長・泉山の司会で、注目の2テーマについて、公開討論会があります。
議論の内容は、建築ジャーナル12月号に収録予定。

一般参加者との議論の時間もあります。

緊急開催ですが、ぜひご参加してみてはいかがでしょうか?

建築ジャーナル公開討論会「批評の在り処 都市の論点」

「建築批評」をテーマとして10月18日(木)に公開討論会をしましたが、アンコールの声に応え、急遽その都市編を開催することになりました。この一年間で起こった都市に関連した議論をふりかえる、参加者も含めた双方向の討論の場です。

開催概要

日程 2018年10月30日(火) 19時〜21時(18時30分開場)
会場 建築ジャーナル東京事務所
東京都千代田区岩本町3-2-1 共同ビル4F(都営新宿線岩本町駅A5出口すぐ)
資料代 1,000円
討論を収録予定の『建築ジャーナル12月号』を資料として発売後送付いたします。
定員  15名(事前申し込み制)

 

登壇者

安藤哲也 (UDC2 柏アーバンデザインセンター 副センター長)
大藪善久 (日建設計シビル)
福岡孝則 (東京農業大学准教授)
司会:
泉山塁威
 

(東京大学先端科学技術研究センター助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長)

<スケジュール>

19:00-

20:00

登壇者鼎談

テーマは、2018年を総括する趣旨で、以下の2つのトピックをあげてみました。

1.「パーク」

・公園の民営化:Park-PFI・・・
・民間の公園化:銀座ソニーパーク、ほか

2.「社会実験の現状とその先」

・イベント化・乱発する社会実験・・・
・社会実験のその後のステップなど

20:00-

21:00

 参加者を交えた自由討論

 

応募方法

・お名前
・ご住所(掲載誌送付のため)
・メールアドレスをご記入の上、建築ジャーナル info@kj-web.or.jp までメールでご応募ください。
・参加型ですので、なるべく積極的な討論が出来る方、雑誌にお顔やご発言の掲載可能な方を希望します。
・文字通り車座で行います。フロア(クッション)に座っていただく場合もございますので、ご対応可能な服装でご参加ください。イス席も10席ほどご用意します。人数限定ですのでお早めにお申し込みください!

来場者特典

・建築ジャーナルバックナンバー閲覧自由
・記事コピーサービス(有料)
・新中古雑誌を20%OFFで販売

お飲み物、おつまみもご用意します。

Twitter

Facebook

Google+