イベント

Events

イベント

【7/3:泉山登壇!】影山裕樹×高岡謙太郎×泉山塁威 『あたらしい「路上」のつくり方』刊行記念(B&Bトーク)

最近、出版された、「新しい路上のつくり方」
その著者の影山裕樹さんが登壇するB&Bでの刊行記念トークがあるようです!
ソトノバ編集長の泉山も登壇!

ぜひ、新しい路上のつくり方について、参加して考えてみましょう!


※イベントへの申し込みは主催者へ問い合わせか下記へ申し込みください。

影山裕樹×高岡謙太郎×泉山塁威
「ひとが集う『あたらしい路上』のつくり方」
『あたらしい「路上」のつくり方』(DU BOOKS)刊行記念

近年、屋外の路上空間をユニークなかたちで活用する例が増えています。

野外上映、結婚式、路上飲食からフェスまで。場所や時期、天候によって左右される屋外の公共空間の多様な活動例を、実践者の言葉を通して紹介する同書の刊行を記念してトークイベントを開催します。

編著者の影山裕樹さん、同書で野外フェスに関する記事を執筆した音楽ライターの高岡謙太郎さん、パブリックスペースの最新事例を紹介するウェブマガジン「ソトノバ」編集長の泉山塁威さんをお招きし、これからの時代の「あたらしい路上」を考えていきます。

180703-565x785
【出演者プロフィール】
影山裕樹(かげやま・ゆうき)
編集者、合同会社 千十一編集室 代表。アート・カルチャー書の企画編集のほか、各地でさまざまな地域プロジェクトのディレクションに携わる。著書に『大人が作る秘密基地』『ローカルメディアのつくりかた』、編著に『ローカルメディアの仕事術』『あたらしい「路上」のつくり方』などがある。路上観察ユニット「新しい骨董」メンバー。

高岡謙太郎(たかおか・けんたろう)
オンラインや雑誌で音楽、アート、カルチャー関連の記事を執筆。共著に『Designing Tumblr』『ダブステップ・ディスクガイド』『ベース・ミュージック ディスクガイド』『第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品集』など。

泉山塁威(いずみやま・るい)
東京大学先端科学技術研究センター助教/ソトノバ編集長/タクティカル・アーバニスト/博士(工学)/1984年札幌市生まれ/明治大学大学院博士後期課程修了/著書に『 市民が関わるパブリックスペースデザイン』(共著、エクスナレッジ、2015年)、『初めて学ぶ 都市計画(第二版)』(共著、市ケ谷出版社、2018年)。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

出演 _ 影山裕樹(編集者・合同会社千十一編集室代表)
高岡謙太郎(ライター)
泉山塁威(東京大学先端科学技術研究センター・ソトノバ編集長・タクティカル・アーバニスト)
時間 _ 20:00~22:00 (19:30開場)
場所 _ 本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
入場料 _ ■前売:1,500yen +(1 drink order 当日現金払い)
■当日店頭:2,000yen + 1 drink order

Twitter

Facebook

Google+