【2/8:泉山登壇】沖縄らしい景観まちなみづくりシンポジウム開催!

沖縄では、独自の歴史的背景や文化の中で、風景や景観をつくっています。そのような中で、ソトノバの視点を入れて沖縄らしい風景を議論するとどのようになるか、ソトノバ編集長の泉山も登壇し、シンポジウムで議論します。

以下、詳細は主催者にお問い合わせください。

この度、沖縄らしい風景を保持し・活かし・創っていくことを広く考えることを目的として、平成29年度沖縄らしい・景観まちづくりシンポジウム(主催:沖縄県)を開催いたします。

今回のテーマは「~地域が創る風景の場づくりとプロセスデザイン~」です。
戦争や大規模開発などによって失われつつある「沖縄らしい風景」を次世代へと継承すべく、景観に対する複合的な考えを知る機会としております。
たくさんのご来場をお待ちしております。

【チラシ】沖縄らしい景観まちなみづくりシンポジウム

なお事前申し込み制となりますので下記の申込フォームより必要事項(お名前・所属名・参加人数・電話番号・メールアドレス)を記載の上お申し込み下さい。

名称: 沖縄らしい風景・景観まちづくりシンポジウム ~地域が創る風景の場づくりとプロセスデザイン~
会場: マリエールオークパイン那覇(那覇市古島)
日時: 平成30年2月8日(木)

開場:13:00 開始:13:30~ ※16:30終了予定

 

第1部 基調講演 「新たな公共空間ソトノバ創造と景観まちづくり」
講演者 泉山 塁威氏(東京大学先端科学技術センター助教、ソトノバ編集長)
第2部 パネルディスカッション「地域が創る風景の場づくりとプロセスデザイン」
コーディネーター: 池田 孝之(琉球大学 名誉教授)
パネリスト: 泉山 塁威(東京大学先端科学技術センター助教、ソトノバ編集長)
安慶名 豊美(沖縄市役所建設部区画整理課長)
伊良波 朝義(NPO首里まちづくり研究会理事長)
安里 直美(コミュニティ・ランドスケープデザイナー)

 

お問合せ
㈱都市科学政策研究所
TEL:098-859-7037
FAX:098-859-7039

※席数には限りがございますので、お申し込みはお早目にお願いいたします。
※当日は、混雑することも予想されます為、公共交通機関のご利用をお勧めします。

 

保存保存