2017年のストリートを振り返る!【カテゴリ別記事トップ5】

今日から6日間は、2017年(2016/11/1~2017/10/31)にソトノバがお届けした記事を道路、公園、広場、水辺、空地、海外の6つのカテゴリに分け、トップ5にして振り返ります!

初日の今日は道路(ストリート)!2017年は、各都市で国家戦略特区等の道路占用許可の特例を取得した活用やそれに向けた社会実験などが多く始まった1年でした。それでは早速トップ5を見ていきましょう!

第5位! 渋谷のどまんなかに家具を置いたら、「文脈の交差点」がうまれた!? 「Street Furniture@渋谷音楽祭2016」開催レポート by原口 さとみ



「ボトムアップで」未来のまちを考える実験プロジェクト「Shibuya Hack Project」の一環でおこなわれた「Street Furniture@渋谷音楽祭2016」のレポート。あの道玄坂に、5人の建築家やデザイナーの制作によるファニチャーが置かれ、人のためのストリートにしようというタクティカル・アーバニズムなイベントでした!

第4位! 道路への挑戦!車道空間にいかにアクティビティをもたらすか?「神田警察通り賑わい社会実験2016」レポート by泉山 塁威



神田警察通りの社会実験レポート第1弾。神田警察通りでは、その後もアイデア会議など参加型プロセスが特徴の社会実験を重ねています!

第3位! グランピング的ストリート活用!? 福岡・はかた駅前通りに期間限定のバル出現  by下野 弘樹



国家戦略特区を活用したはかた駅前通りの歩道での、期間限定の飲食店街「ハカタストリートバル」レポート。2016年のストリートコンテナショップに続き、またしてもインパクトの大きいグランピン的くつろぎの場が印象的でした!

第2位! 新虎通りで「旅する新虎マーケット2DAYS POP UP」来年2月のオープン控えイベント開催 by寄稿



昨年2月にオープンした「旅する新虎マーケット」に先立ち行われた「旅する新虎マーケット2DAYS POP UP」のレポート。新虎通りを舞台に日本全国のヒト・モノ・コトの魅力を集め、地方創世へつなげることを目的としたプロジェクトに注目が浴びました!

第1位! 知っておきたいこれからのアーケード~高松中央商店街をソト視点で歩く~ by荒井詩穂那



日本一長いアーケードで知られる高松中央商店街を舞台にした、アーケードリノベーションに関する記事。その他の4記事とは毛色の違う、地方都市のアーケードに関する記事が一位となりました!

全国各地、道路空間活用の制度が活用されリアルにストリート活用が動き出した一年!


さて、新虎通り、博多、神田、渋谷と社会実験の記事が多くランクイン!アーケードといった地方都市ならではのキーワードも高く注目をあびました。

その他、「犀川リバーカフェ」など2016年の道路法改正により創設された「道路協力団体」制度を活用した取り組みのほか、神戸新宿、名古屋など、日本でもパークレットの社会実験が一気に広がりを見せ、リアルにストリート活用が動き出した一年となりました。

これを受けソトノバでも、ストリート利活用について考える一週間のキャンペーンとして9月に「ストリートウィーク」をスタート!大宮市でUDCO主催のもと開催された社会実験「おおみやストリートテラス」でのPARK(ing) DAYの実施やストリートをテーマにしたソトノバTABLEを開催しました。

全国各地で道路空間活用に向けた社会実験が行われた2017年。2018年は、これらの取り組みがどう展開され、日常の風景として街に浸透していくのでしょうか?今年もソトノバは、ストリートの最新事情をお届けできればと思います!

さて明日のトップ5は「公園」です!明日もお楽しみに!!