【4/16】「下北沢で学ぶ。まちをつなぐパブリックスペース。「シンガポール・レールコリドー国際設計コンペティション」マスタープラン「Lines of Life」から」開催!

2013年の小田急線地下化により、工事中が続く下北沢。線路跡地を緑や防災、まちの希少なパブリックスペースとして、どう再生させるか、議論がなされています。注目の都市再生プロジェクトとしての完全なる完成は2020年頃の見込みです。
最近では、北沢デザイン会議やワークショップなど、世田谷区主導でプロジェクトが進められ、ポートランドに学ぶ「暮らしやすさの都市戦略フォーラム」も開催されています。

そのような中、先日、ソトノバでもご紹介しました、シンガポールのレールコリドーのコンペの展示会もありました。
今回は、そのレールコリドーコンペの提案者がゲストにくるセミナーが、地元NPO法人グリーンライン下北沢によって開催されます。

ご関心の方はぜひご参加ください。

DSCF3188

グリーンラインセミナー 2016 「下北沢で学ぶ。まちをつなぐパブリックスペース。」
「シンガポール・レールコリドー国際設計コンペティション」マスタープラン「Lines of Life」から

下北沢の小田急線あとちには2.2kmのパブリックスペースが誕生しますが、シンガポールでは24kmの廃線跡地をパブリックスペースに再生するプロジェクトが進んでいます。
マレー鉄道跡地のレールコリドー再開発国際設計コンペでは“非凡で感性を刺激するパブリックスペースとしての再生”が求められ、日建設計によるマスタープランの提案が優勝しました。コミュニティーを結びつけるパブリックスペース、国やデベロッパーや周辺の人々が育てていくビジョン、それらがどのように創られ、使われていくのか、新しいパブリックスペースの可能性と実践について学びます。

日時: 2016年4月16日(土)14:00-16:00
場所: 北沢タウンホール11F 研修室3,4 / 東京都世田谷区北沢2-8-18
参加費: 500円 / 資料代として
講師: 田中 亙 氏 (日建設計 執行役員)
都市デザイングループ代表 兼 グローバルマーケティングセンターASEAN・東アジア地区代表 兼 公共領域デザイン部長
「東京ミッドタウン」(2007)をはじめとして、建築、都市計画、都市デザイン、ランドスケープ設計の知識・経験を総合的に生かすことで、大規模プロジェクトの実現に貢献してきた。最近では、海外の公共領域デザインや公共交通指向型都市開発(TOD)、都市マスタープランなどの分野に力を入れている。
主催: NPO グリーンライン下北沢
共催: NPO法人 世田谷グリーンソサエティー、世田谷みどり33応援団
協力: ソトノバ|sotonoba.place
後援: 世田谷区
FACEBOOK: https://www.facebook.com/events/1523257747980724/
連絡先: NPO グリーンライン下北沢
phone : 03-3418-7711 (アルキメディア設計研究所 内)
mail : info@greenline-shimokitazawa.org
facebook : greenlineshimokitazawa
twitter : greenline_shimo
HP : http://greenline-shimokitazawa.org
NPO グリーンライン下北沢について:

「グリーンライン下北沢」は、東北沢~下北沢~世田谷代田の小田急線上部に生まれつつあるオープンスペースについて、広い意味での「グリーン」をベースに、みんなが幸せになる公共空間を一緒にめざす開かれたグループです。また、公共空間・施設の利用の仕方や、地域の皆さんとつながる仕組みも検討しています。鉄道事業者にも、住民にも、自治体にも、お店にも、訪れる人にもプラスになる「ウィン・ウィン」の関係性を心がけます。少しでも関心のある方はどなたでもお声がけください。

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。