ソトの場で、だれもが“よりみち”できる学び場づくりをめざして!横浜・関内地区に現れたモバイルファーニチャーたち

横浜市役所や横浜スタジアム、日本大通りオープンカフェなどがある横浜・関内地区。市役所の移転や横浜スタジアムのリニューアルなどパブリックスペースや公共施設など注目のプロジェクトが多い地区でもあります。

そんな横浜・関内のとあるビルの一角で、雨のある日、屋台や椅子、ブックワゴンに小上がりなど、たくさんのモバイルファーニチャーが集まっていましたので、レポートします。

実施されたのは、JR関内駅前南口の駅前にある関内中央ビルの1Fのピロティ。古いビルではありますが、市役所が入居しているビルでもあります。そのピロティは、普段は搬入出の車が一時的に駐車するスペースだったり、ビルの入居者のエントランス空間にとして使われています。

なぜそんな場所に、モバイルファニチャーたちが!?

IMG_0775

これは、「ヨコハマよりみち大学」の準備会議の一環として集合したそうです。「ヨコハマよりみち大学」とは、よりみちしやすそうなオープンな場所を非日常使いして、まちの日常を、新しい視点で学べる場をつくっていこう!というプロジェクト。横浜・関内にあそびのある学び場をつくりたいと、学習環境デザイン事業を行う処デザイン学舎の声かけで、ビルのオーナーさんや関係各所との調整・許可の上、このソトの場で実施されているそうです。

今年に入りキックオフされたこのプロジェクト。2回目の打ち合わせから、この場所を使った野外のミーティングを実施しています。オープンな場で気持ち良く考えた結果、このピロティにどれだけの”よりみち”ポテンシャルがあるのか、試しにモバイルファーニチャーを持ち込んでみよう!となり、さまざまなモバイルファーニチャーたちの共演となった模様です。

photo by 秋吉浩気 @カマタブリッヂ

photo by 秋吉浩気

今回は、ある意味ゲリラ的な社会実験であり、完成されたイベントというよりも、もったいない場所を使ってみた!という感覚に近いと思います。まさに、つくりながら考えて実行から始める、ソトノバが注目している、TACTICAL URBANISM(タクティカル・アーバニズム)にも通じます。しかも前回の野外ミーティングは1月末ということで、アクションへのスピード感の速さが伺えますよね。

気になった、モバイルファーニチャーを見てみましょう。
まずは、「出張さんかく屋台」。tomito architectureさんが、第二回吉祥寺コミュニティデザイン大賞を受賞し、実現したもの。なぜ、三角なのか。吉祥寺の都市構造の中に斜めに鉄道が走ったことで、鉄道沿いに三角形の敷地が複数あり、使いにくい三角形の空き地の活用方法として、どこにでも出せる三角形の屋台が生まれたそうです。

折りたたみもできて、吉祥寺の地図も書かれていて、コミュニケーションのきっかけにもなりますね。

続いては、慶應義塾大学加藤文俊研究室の学生が作成した、20m黒板シート。チョークで、子どもでも大人でもコミュニケーションが生まれる黒板シート。秀逸なのは、シートを巻く際に設置された黒板消しを通るので、巻くだけでチョークが消えること。ナイスアイデアですね!

#黒板消し付き 20m黒板シート。 #慶応大加藤文俊先生 の研究室学生の力作!

ソトノバ|sotonoba.placeさん(@sotonoba)が投稿した写真 –

そして、少し時間が経つと、みんなで椅子を寄せ合って、映画上映会。「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」。これは、配給元のアップリンクの企画で、映画(本編)の公開前に冒頭の22分だけ「プレビュー・ショー」として、自主上映できるというものです。ソトでも気軽に楽しめるアクティビティ。一発でみんなが集まるソトのアクティビティとしては鉄板ですね!

#映画上映会 が始まった! コミュニケーションやアクティビティをデザインするパワーがすごい!

ソトノバ|sotonoba.placeさん(@sotonoba)が投稿した写真 –

慶應義塾大学加藤先生のINSTAGRAMでは、他にもいい写真があったので紹介しますね。上部の写真は、ブックワゴン。カレーキャラバンと共に移動している「カレーキャラバン・ブックス」と、有隣堂さんのご協力で本を読めるフリーライブラリーとして子供から大人までコミュニケーションが生まれます。

最後に、慶應義塾大学加藤研究室が記録した動画をご覧ください。1日の流れが早送りで流れています。設営から始まり、1日で起きたいろんなアクティビティやコミュニケーション、加藤先生の提唱するプロジェクト、「爽やかな解散」で、撤収まで記録されています。

爽やかな解散(場づくり編)
黒板やスタンプ、ラジオ、イスなど、基本的にモバイルな装置で場を改変するというテーマのプロジェクト

最近、いろんな場所で起きている、屋台やマルシェなどのモバイルファーニチャーを通じた仮設空間。運搬の手間こそあるものの、あまり大きなお金をかけずとも、ちょっとした人の協力や支え合いで、何気ない場所にコミュニケーションやアクティビティが発生する。そんな取り組み、今後もソトノバでは注目していきたいです!

◯概要

実験企画:ヨコハマよりみち大学(開講準備中)

よりみちメンバー:有隣堂、慶應義塾大学加藤文俊研究室、オンデザインパートナーズ、tomito architecture、秋吉浩気、明治大学ユメラボ、処デザイン学舎(代表 齋藤美和子)

協力:横浜市建築助成公社、横浜関内駅前ビル

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。