【2/24】水辺空間+道路空間の一体活用によるプロジェクションマッピング実験!?「ミズベリング×大手町川端緑道プレイスメイキング社会実験 日本橋川高架下映像照射実験カンファレンス」開催!

3/3に実施される、ミズベリングジャパン
ミズベリングジャパンのプレイベントとして、以前お伝えいたしました、大手町川端緑道プレイスメイキング社会実験とミズベリングのコラボレーションとして、日本橋川にある首都高高架下へのプロジェクションマッピングによる照射実験とサロンを行います。

「大手町川端緑道プレイスメイキング社会実験」では、ゲール・アーキテクツ(Gehl Architects)ディビッド・シム(David Sim)が来日し、大手町川端緑道に対し、アクティビティ調査とパブリックスペース改善のための提案を行いました。
今回のアイデアは、その提案の中にあったアイデアの1つに、川端緑道に面した日本橋川でのプロジェクションマッピングをすることで、川端緑道をダイナミックな発想で活用し、利用者にインスピレーションを与え、体験することが大切だと、ディビットはプレゼンしました。

今回の水辺+道路活用。よくあるアイデアブレストでは「無理だな」と思われがちな、ダイナミックなパブリックスペース活用が、ディビットの提案に基づいて行われますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

※また、トップの写真は、大阪 東横堀川・堂島ライティング実行委員会における阪神高速への映像照射であり、当日行われる実験の照射イメージとなります。

ミズベリング・ジャパンプレイベント
ミズベリング×大手町川端緑道プレイスメイキング社会実験
日本橋川高架下映像照射実験カンファレンス

ミズベリング・プロジェクト事務局は 2⽉24 ⽇(⽔)17 時より照射、日本橋川沿いの⼤⼿町川端緑道にて、大手町川端緑道プレイスメイキング社会実験とコラボレーションした、首都高高架下への『映像照射実験』を実施します。

このたびの『映像照射実験』では、日本橋川の上に架かる首都高の橋脚をスクリーンに見立て、アーティスト・中村敬氏が制作した「日本の四季」をテーマの映像インスタレーションを行います。
暗いイメージを持ち、これまで活用がなかった場所とされる首都高の橋脚部に、映像照射が加わりライトアップされる事で、新しく楽しめる⽔辺⾵景としてなりうるか?また、公共空間で管理・活⽤される道路法や道路交通法、屋外広告条例等の法令を遵守しつつ、新しい環境・場の価値を⽣み出すことができるか?を実地検証しながら、参加者⼀同で今後の⽔辺の活性化について考えていきます。
この実験は、来る3⽉3⽇(⽊)に渋⾕ヒカリエホールにて開催されるミズベリング ジャパンにて、全国で⽔辺の利活⽤に取り組む⽅々に向け実験内容を発表します。

< 開催概要 >
開催⽇時: 2016 年2⽉24⽇(⽔)17 時〜18 時
*16:30 集合場所にて受付開始、⼩⾬決⾏
開催場所: ⼤⼿町川端緑道 (東京都千代⽥区⼤⼿町1-9-5,地先)
集合場所: ⼤⼿町フィナンシャルシティ 1F アトリウム
開催内容: クロストーク、⾸都⾼への映像照射実験
主催: ミズベリング・プロジェクト事務局、⼀般社団法⼈ ⼤⼿町歩専道マネジメント、UR都市機構
共催: 国⼟交通省
協⼒: ⾸都⾼速道路株式会社
< 照射実験の場所について >
実施場所: ⼤⼿町川端緑道(特別区道千第847号、848号、849号)
実施場所住所: 東京都千代⽥区⼤⼿町1-9-4,5 地先
集合場所: ⼤⼿町フィナンシャルシティ 1F アトリウム
アクセス: 丸ノ内線 ⼤⼿町駅A1 出⼝直結/半蔵⾨線・千代⽥線・東⻄線・都営三⽥線
⼤⼿町駅E1・A4 出⼝よりアクセス可能/JR 東京駅丸の内北⼝より徒歩約7 分

プレスリリースはこちら

⼤⼿町川端緑道プレイスメイキング社会実験:

UR都市機構が事業を施⾏している⼤⼿町⼟地区画整理事業により整備さ
れた歩⾏者専⽤道・⼤⼿町川端緑道を活⽤して、周辺街来者のサードプレイスとなるプレイスメイキングを⽬指した社会実験

「ミズベリング・プロジェクト」:

かつての賑わいを失ってしまった⽇本の⽔辺の新しい活⽤の可能性を、創造していくプロジェクトです・ミズベリングは「⽔辺+RING(輪)」、「⽔辺+ING(進⾏形)」、「⽔辺+R(リノベーション)」の造語。⽔辺に興味を持つ市⺠や企業、そして⾏政が三位⼀体となって、ムーブメントを、つぎつぎと起こしていきます。

お問い合わせ

ミズベリング・プロジェクト事務局
〒107-6322 東京都赤坂5-3-1 赤坂Biz タワー7 階
TEL:03-6441-8756(平日10 時から17 時)

報道に関するお問い合わせはこちらまでお寄せください
広報担当:榊原あすか
・Mobile:090-9310-5459/080-4007-5459
・MAIL:sakaki◯feiryang.com ※アドレスの◯を@に変えてお送りください。

The following two tabs change content below.
泉山 塁威
ソトノバ編集長/明治大学理工学部建築学科助教/一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ/博士(工学) パブリックスペースとエリアマネジメントを専門とするタクティカル・アーバニスト。リサーチャー・プロジェクトデザイナー。 公開空地や道路占用許可の特例、エリアマネジメントのビジネスモデルの視覚化などの研究や実践プロジェクトを手がける。