2016年1月・月間記事トップ10のソトノバ記事は? ─2016年のソトノバが紹介したパブリックスペースを振り返ろう!─

2016年ももうすぐ終わりですね。
ソトノバがオープンして、1年と1ヶ月。初めて1年が経ちました。

1年で更新した記事は200記事を超えました。
それは毎日、読んでいただいている読者の皆さんがいるので、書き手であるソトノバのライター、コラムニストが書き続けられるのだと思います。

この年末は、その感謝の意味と、ソトノバが紹介してきた記事を振り返る意味で「月間トップ10」として、紹介したいと思います!

10位! by 泉山塁威(ソトノバ編集長)
道路空間活用に新制度検討!「道路協力団体」登録制度で、道路空間活用も柔軟に!?

これは今年創設された、「道路協力団体」制度の速報ニュースでした。各地でこの団体指定の検討の声を耳にしました。新たな制度としてソトノバでも追っていきたいですね。

9位! by 山下裕子(ソトノバ・コラムニスト)
「あ」あいさつをしてみる。【あいうえお 広場ニスト入門】

富山グランドプラザの広場を育てた、広場ニスト・山下さんの広場ニスト入門の連載記事。1月からスタートしたのでした!

8位! by 荒井 詩穂那(ソトノバ・ライター)
おすすめパブリックスペースはpinしてシェアしよう!パブリックスペースマッピングパーティー【ソトノバTABLE#3公式レポート】

ソトノバTABLE#3のレポート。12月には11回目をしましたが、まだ3回目だったのですね。なんだか1年があっという間だと思い知らされます。この時はpinterestでパブリックスペースをどんどんピンしていくワークショップをやったのでした!

7位! by 泉山塁威(ソトノバ編集長)
ブライアントパークでは日々何が起こっている?─2015年のアメリカ・ブライアントパークの主なできごと─

アメリカのブライアントパークですが、冬の姿(マーケット)を見た珍しいアイキャッチ画像。年間でブライアントパークで起こっているアクティビティを紹介していました。

6位! by ソトノバTABLE告知
ソトノバTABLE#3 「MAPPING PARTY & NEW YEAR PARTY ーパブリックスペースをマッピングしよう!ー」

前述のソトノバTABLE#3の告知ですね!

5位! by 泉山塁威(ソトノバ編集長)
タクティカル・アーバニズムとは何か?ーバンクーバーのストリートが影響された「タクティカル・アーバニズム」の10の方法ー

2016年は日本のタクティカルアーバニズム元年でもあったとも言えるくらい、タクティカルアーバニズムに注目が集まりました!そのきっかけともなるこの記事。トータルのランキングでも上位です。

4位!
ソトノバとは

「ソトノバとは」というソトノバとは何かというaboutページ(紹介ページ)。ソトノバってなんだ?って、皆さん気になったのでしょうか?

3位! by 寄稿:吹野紗絵
空き地で挑戦する新たな暮らしの実験 ~“HELLO TABLE”にお邪魔してきました~

今年のグッドデザイン賞も受賞し、ソトノバでも3回ほど記事にしているHELLO GERDEN。これが最初の記事ですね。まだリニューアル前の最初の一歩の状況がこの記事でわかります。

2位! by 泉山塁威(ソトノバ編集長)
都市は人々のボトムアップによってつくられる!ベルギー・へントの「Leefstraten」アイデアで変わるストリート

ベルギーの事例ながら、自分たちの居場所を自分たちでつくるというソトノバらしい海外記事でした。この記事にインスパイアされ、日本の社会実験で似たような設えや風景を多く見受けられました。海外のアイデアがインスパイアされていますね。

1位! by 下野 弘樹(ソトノバ・福岡支部ライター)
福岡・博多の1ヶ月限定のストリートコンテナショップ!そこに見る新たな歩道活用法!

最後に、1位は、福岡のコンテナストリート。国家戦略特区を活用した道路空間活用ながら、期間限定コンテナを設置したり、オーガニックや自然素材に気を使ったデザインに惹かれます。ストリートマルシェをしたり、カフェをしたり、福岡の道路空間のダイナミックさが伺えます。

いかがでしたでしょうか?

1月ってなんだか随分前のように感じます。

ソトノバができたことで、各地のパブリックスペースの情報が手に取りやすくなったり、探しやすくなりました。

その分、ソトノバのメンバーはよりたくさんの情報を目にしていますので、より一層感じるかもしれません。

次は2月の記事トップ10をお楽しみに!