イベント

Events

イベント

【3/19:泉山登壇】「タクティカルシティ:パブリックスペース活用から実験都市に向けて」東京湾岸トークin竹芝 夢になるといけねえNight vol.3

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京の様々な都市が動き出しています。
竹芝もその一つ。エリアマネジメントや再開発も進んでいます。
東京湾岸トークin竹芝 夢になるといけねえNight vol.2も開催されましたが、第3回目もタクティカル・シティ(実験都市)がテーマということで、素敵なゲストとともにトークが期待されます。
ご関心の方は是非参加してみてください。

「タクティカルシティ:パブリックスペース活用から実験都市に向けて」
東京湾岸トークin竹芝 夢になるといけねえNight vol.3

2020 年、竹芝は、竹芝地区開発計画の完成、東京オリンピック・パラリンピックの開催などにより、大きく変化します。
今、その時に向けて、地域内外の人々が手を携え、アイディアと実践を通じて、竹芝発の新たなライフスタイル、新たな価値を創造・発信する場と機会を、エリアマネジメント活動の中で生み出そうと考えています。
第3回目となる今回は、竹芝のブランディングを目指し、竹芝通り、旧芝離宮恩賜庭園、竹芝ふ頭などの公共空間利活用の可能性と、具体的な実践の観点から、私たちに何ができるのかについて語るトークイベントを開催します。

日時: 2018 年3 月19 日(月)17:30 開場
18:00 トークセッション
〔 イントロダクション / クロストーク /グラフィックレコーディング/ まとめ 〕
20:30 終了
会場: STUDIO LOTUS 東京都港区海岸1-14-24 鈴江倉庫4F
参加費: 1,000 円(ドリンク、軽食代込み)
申込み: 次のWebサイトより事前にお申し込みください。
http://tksbtalk.com/
主催: 一般社団法人竹芝エリアマネジメント
協力: 竹芝地区まちづくり協議会
問合せ先: infos@tksbtalk.com
(一社)竹芝エリアマネジメント《担当:松下》

プログラム:

イントロダクション
クロストーク
● 竹芝(東京湾岸)の各パブリックスペースをどのように捉えているか?
● パブリックスペースの魅力を、貴方はどのように引き立たせるとよいと考えるか?
● その実現のために、貴方はどのようなプロセスが必要と考えるか?
グラフィックレコーディング <by Graphic Catalyst Biotope>
まとめ

トークセッション:

泉山 塁威 タクティカル・アーバニスト/ソトノバ編集長
東京大学先端科学技術研究センター助教
松井 明洋 メディアサーフコミュニケーションズ株式会社取締役社長
岩本 唯史 株式会社水辺総研 代表
西山 芽衣 株式会社マイキー

生活実験家

保存保存

保存保存

保存保存

Twitter

Facebook

Google+